酷いドライアイを治療する!ムコスタ点眼液を半年ほど使ってみた結果

ムコスタ点眼液1箱

ドライアイに悩まされている人は多いと思います。

色々な目薬を使ってみたけど治らない!という人もいるのではないでしょうか。市販の目薬は対処療法でしかなく、一時的に目に潤いを与えているだけです。根本的に治すには眼科で処方される目薬を使うしかありません。

参考記事:市販薬と眼科処方の目薬の違い

ドライアイ対策の目薬は市販か眼科か?それぞれの違いを解説します。
パソコンを見ている時間が長いせいか、肩こり首こりに併せて、ドライアイに悩まされるようになりました。色々と目薬を試してみたのですが、こ...

ということで、ドライアイの治療のために、眼科へ行きムコスタ点眼液を貰ってきました。市販薬では手に入らないため、眼科を受診する必要があります。ムコスタ点眼液を使っていると目の乾きがかなり改善されてきました。

半年ほどムコスタ点眼液を使ってみた感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

ムコスタ点眼液を半年間使ってみて

ドライアイの改善を実感しています。

使う前の症状(ドライアイ)

パソコンの使いすぎからか首こり肩こりとドライアイが併発していました。特に朝起きたときに目が乾いている状態でした。夜に寝ているときに涙が出にくくなるのはドライアイの症状です。

日中の乾き程度であれば市販の目薬で潤す対策だけで良いかもしれませんが、朝起きたときに乾いているようであれば治療をするために眼科へ行くことをおすすめします。私の場合はムコスタ点眼液を処方されました。

ムコスタ点眼液の使い方

白い沈殿物がある目薬なので、使う前に振って十分に撹拌する必要があります。点眼すると世界が白く見えるくらいになります。

点眼したら、まばたきをせずに、軽く目をつぶって目頭を抑えます。目の奥に浸透させるようにします。まばたきすると目薬が目の外に出ていってしまうので注意です。

点眼して1時間程度経つと、目の奥から喉に降りてくることがあります。非常にニガイです。これが苦手な人もいるのではないかと思います。ムコスタ点眼液はもともと胃薬であったものを転用したそうなので、喉に降りてきて飲み込んでしまっても全く問題ありません。

1日4回使用ですが、症状が改善してくれば3回や2回でも良いそうです。(私の担当医談)

ムコスタ点眼液の効果

数週間かかさずに点眼していると効果を実感してきました。特に朝起きたときの目の乾きがなくなりました。

しかし、点眼しない時間が空くと、目が乾いてきたような感覚があります。それで思い出してまた点眼すると治るという感じです。

半年ほど使ってみて改善してきたので、今は1日3回の点眼にしつつも、継続して眼科に通院してムコスタ点眼液を貰っています。

眼科で処方してもらうときの費用

ムコスタ点眼液自体は保険適用で1ヶ月分1,000円ほどになります。1日4回での1ヶ月分なので、1日3回であれば40日分程度です。

再診料や検査料もかかってくるので、あわせると、1,500円~2,000円程度になります。市販の目薬を買い続けても同じくらいの金額になるでしょうし、酷いドライアイの方は眼科に通ってムコスタ点眼液を貰った方が、根本解決になるので良いと思います。

まとめ

ムコスタ点眼液を半年間使ってみてドライアイが改善してきました。酷いドライアイの方は市販の目薬を買い続けるよりも、眼科で診察してもらい、ムコスタ点眼液を使うことをおすすめします。

ドライアイに対する、ムコスタ点眼液と市販の目薬についてはこちらでも解説しています。

ドライアイ対策の目薬は市販か眼科か?それぞれの違いを解説します。
パソコンを見ている時間が長いせいか、肩こり首こりに併せて、ドライアイに悩まされるようになりました。色々と目薬を試してみたのですが、こ...
スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加