日立ビートウォッシュが故障?!スタートボタンが反応しない時の対策

電化製品

8年ほど使っている洗濯機(日立ビートウォッシュ)のスタートボタンが効かなくなるという事態が起きました。

洗濯機の寿命は6~8年と言われているので、寿命かも?と思ったのですが、案外すんなり直ったのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日立ビートウォッシュが故障?!

日立ビートウォッシュ

我が家の洗濯機はBW-8PV(2012年6月発売)で、僕がひとり暮らしのときから使用しており、2人暮らしでも特に困ったことはありません。

洗濯機の寿命は6~8年と言われているので、8年ほど使って故障したら換え時なのかもしれません。

保証期間内なら修理でも良いと思います、保証期間外ですと時間もお金もかかるので、大型家電は自分でいじってみてダメなら買い換えるというスタンスでいます。

ちなみに、日立の修理ページはこちら。
https://kadenfan.hitachi.co.jp/support/inquiry/repair/housecall.html

出張料が3,500円+修理サービス代なので、直っても1万円くらいはかかると思います(直らなくても3,500円+税はかかります)。

スタートボタンが反応しない

前々からなんとなくスタートボタンの反応が悪いな~とは思っていたのですが、ある日押しても押しても反応しない状態になりました。

比較的メジャーな故障例らしく、ググると同じような状態になった方も多いようです。

原因としては、

  • ボタンの接触不良
  • 中の電気回線が切れている
  • それ以外

という感じでしょうか。

 

素人が解決できるのは最初のボタンの接触不良くらいですかね。

中の電気回線が切れている場合でも、はんだ付けをすればいいから簡単だという人もいますが、そもそもハンダゴテなんて持っていませんし、普通の人は回路も分からないし、難しいのではないでしょうか。

ということで、ボタンの接触不良以外だったら無理だな~と思いつつ、格闘してみました。

スポンサーリンク

対策方法

左右のネジを取る

電源ボタンのすぐ上にある半円系のカバーを外すとネジがあるのでこれも外します(左側の端にも同じものがあります)。

ネジはかなり固くてドライバーでは回らなかったので、六角ネジ回し(ナットドライバー)で回しました。

カバーを開ける

左右2つのネジを外せば、あとはカバーははまっているだけなので、ベキッと取ります。

ちょっと力がいるのと、壊れないだろうか?と思ったりもしますが、べキッと思い切りやるのが良いです。

電源ボタン付近のところでコードが繋がっていますが、これも簡単に外せます。

そして上の写真の右側にある黒い部分の中が、今回のスタートボタンの箇所なので周りについているネジを外してみます。

ボタンが反応するか確認する

ということで、ボタンとLEDがむき出しになりました。

結局はカバーの上から白いボタン部分を押しているだけなのですね。

 

それで、試しにこのカバーを外した状態のまま電源コードを繋いで操作してみると、普通にスタートボタンも反応して洗濯が開始されました!

ということで、中の方が悪かった訳ではなく、ボタンとカバー部分の接触が悪かっただけのようです。

ちょっと工夫したけど・・・

カバーの裏面のスタートボタンのところにガムテープを貼って盛り上げてみました。

これでスタートボタンをちゃんと押せることができるであろうと・・・

そして元に戻してみて、改めて操作してみました。

これずっとスタートボタンが押されっぱなしの状態になってるじゃん!

と工夫したものの意味がない状態になってしまいました。

再度カバーを外してガムテープを取り除き、もとに戻すと、普通にスタートボタンがポチッと反応するようになりました。

結局、開けて元に戻したら直っていたということに。

よく分かりませんが、その後も問題なく使えています。

スポンサーリンク

まとめ

8年物の日立ビートウォッシュのスタートボタンが反応しなくなったので、素人が直してみようと格闘しましたが、開けて元に戻したら直っていたという何とも腑に落ちない結果になりました。

カバーの上から何度もボタンを押していると、何らかの接触不良が起きるので、はめ直せばいいだけということなのかもしれません。

いずれにせよ、修理依頼をしなくて良かった結果だったので、もしスタートボタンが反応しなくなって困っている方は一度試してみてください。