お好み焼きの青のりが余るから『お好みふりかけ』にしてみた感想

お好みふりかけ

お好み焼きを月1~2回くらいするのですが、鰹節は何にでも使えるからまだしも、青のりは他に使う物がないので余りがちです。

青のりを大量に使う料理といえば、お好み焼きの他には、ちくわの磯辺揚げくらいしか思いつきません・・・。

ということで、青のりを買うのをやめて『お好みふりかけ』を買ってみました。

これがなかなか便利で美味しかったのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

はごろも『お好みふりかけ』

お好みふりかけとは

削りぶし粉末とアオサをブレンドしたもので、お好み焼きの仕上げにふりかけて食べます。

たこやきや焼きそばの他に、おでん(静岡っぽい?)や漬物にもオススメされています。

お好みふりかけ

材料を見てみると、さばのふし、アオサ、むろあじのふし、いわしの煮干しとなっています。

鰹節と青のりの代用にと思ったら、どっちも入ってなかったという・・・

味はそこそこ

肝心の味はというと、そこそこ美味しいです。

どちらにせよ安物の鰹節と青のりを使っていたので、お好みふりかけに変えてもほぼ同じ美味しさでした。

とにかく便利

お好みふりかけの最大の特徴は、とにかく便利ということです。

鰹節と青のりの2つを用意する必要がなく、お好みふりかけだけで味が決まります。実際に使うときも、お好み焼きの上に1回ふりかけるだけで良いので楽です。

鰹節はともかく青のりは他に使う料理がなくいつも余っていましたが、『お好みふりかけ』はちょうど良い量なので余りません。

かなり便利なので、お家でお好み焼きをする人にはオススメです。

『お好みふりかけ』は売り切れ

Amazonではごろもフーズの『お好みふりかけ』を探したのですが、売り切れでした。

人気で品薄なのか、人気がなくて生産中止なのか。(たぶん後者・・・。)

他の会社(ダイショー)の商品ですが、こちらは見つけました。白ごまと紅生姜も入っているようなのでこっちの方が豪華ですね。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事