電動歯ブラシのための歯磨き粉なら、ジェルコートFとアパガードリナメルの2種類で。

hamigakiko

電動歯ブラシについてはこちらで書きました。

電動歯ブラシ比較!ドルツからソニッケアーに買い換えた結果。
長年、電動歯ブラシには懐疑的だったのですが、買ったら手放せなくなりました。未だに手で歯みがきしている方は即買いしてください。...

今回は電動歯ブラシのための歯磨き粉について書きたいと思います。いつも通り結論から書くと、ジェルコートFとアパガードリナメルがオススメです。両方とも歯磨き粉としては高価な部類に入りますので即買いとは言いませんが、製品としては非常に良いものですので一度は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

電動歯ブラシのための歯磨き粉とは

手動で歯みがきしていたころの歯磨き粉では、電動歯ブラシには適さない場合があります。

研磨剤・発泡剤が入っていないこと

電動歯ブラシはそれ自体で磨く力が強いです。そのため研磨剤が入っているような歯磨き粉だと歯にダメージを与えすぎてしまいます。一見綺麗になったようでもそれは歯が削れているだけかもしれません。

また、発泡剤が入っていると泡立って逆に磨きにくいです。電動歯ブラシでは泡立たないジェルタイプがおすすめです。

歯磨き粉に求められること

主に4つあります。

  1. ホワイトニング
  2. 歯周病予防
  3. 虫歯予防(フッ素コート)
  4. 清涼感

これらをバランスよくカバーすることが大切です。どの歯磨き粉もそれなりに満たしますが、それぞれ得手不得手があるため、私はジェルコートFとアパガードリナメルを組み合わせることにしました!

ジェルコートFとアパガードリナメルを組み合わせた理由

歯磨き粉に求められることを上に書きましたが、それらをバランスよくカバーするために考えたのがこの組み合わせです。

ジェルコートF

Amazonの歯磨き粉カテゴリーのベストセラー1位です(2016年9月現在)。絶賛のレビュー多数なのから見ても鉄板商品です。
ジェルコートFは、歯周病予防、虫歯予防(フッ素コート)、清涼感を満たします。ジェルタイプなので電動歯ブラシで磨くのにも適しています。

アパガードリナメル

ジェルコートFに欠けているホワイトニングに効果ありで、虫歯予防にも適しています。ネックはちょっとお高いことですね。

2つの歯磨き粉の使い分け

私は朝と昼はジェルコートFを使っています。というのも、この歯磨き粉に欠けているのがホワイトニングなので、これを夜に使うアパガードリナメルでカバーする作戦です。お値段的にもジェルコートFの方が安いので、ジェルコートFをメインとして使いつつ、適宜アパガードリナメルを使うというのが良いと思います。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加