クリエイトレストランツから株主優待品が到着!グループ各店舗で使える株主優待券【2016年版】

クリエイトレストラン株主優待

クリエイトレストランツから株主優待品が届きました。

外食チェーンの専売特許とも言える自社グループ各店舗で使える株主優待券です。

株主に食べに来てもらうことで、より事業を理解してもらえます。また、額面では高くてお得感がある一方で、企業側は原価負担だけですので額面の30%くらいなのではないでしょうか。

そう考えると、企業側・株主側の双方にメリットのある優待制度だと思います。

8月末基準の株主優待で、11月中旬に優待券が届きました。

スポンサーリンク

クリエイトレストランツ(3387)の2016年8月の株主優待について

株主優待制度の内容

保有株式数により、クリエイトレストランツの自社グループ店舗で使える株主優待券が貰えます。100株での保有が利回りとしては一番お得になっています。

  • 100株以上    3,000円分
  • 500株以上    6,000円分
  • 1,500株以上 15,000円分
  • 4,500株以上 30,000円分

1枚500円券となり、一度に何枚でも使うことができるので便利です。

現金との引き換えはできません。釣り銭もでません。現金化したい場合は金券ショップに売ったりすると良いと思います。

でもせっかくですので、私の場合は食べに行きたいと思います。

利用可能店舗

株主優待券が利用できる店舗の一覧表が付属してきますので、どこで使えるかも分かりやすいです。

主要なブランドは、

  • しゃぶ菜(しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題)
  • はーべすと(自然食バイキング)
  • 雛鮨(高級寿司食べ放題)
  • つけめんTETSU
  • 磯丸水産

あたりでしょうか。ジャンルも多岐に渡っていますので、利用に困ることは無いと思われます。

私ものうちどこかで利用してこようと思います。

実際に使ってみた

和食・しゃぶしゃぶの店である「かごの屋」で休日ランチで使ってきました。

お店はかなり混んでおり、年配の方や子供を含めた家族連れで賑わっていました。ランチメニューが和食ベースで品数が多い感じだったので年配の方にも人気があるのだと思います。

味はいたって普通で、コスパ的には微妙だと思いました。それでも家族連れには、メニューや店の雰囲気が使いやすいお店なのかなと思いました。

レジで株主優待券を出すと会計から減額してくれ、残りはクレジットカードで払えました。オペレーションは全く問題なしでした。

権利日の逆日歩

2016年8月31日分の逆日歩は100株あたり115円でした。3,000円分の株主優待券が貰えたことから、クロスでの優待取得でもとてもお得になりました。

まとめ:クリエイツレストランの株主優待おすすめ度

おすすめします。次回(半年後)も取得したいと思います。

過去には逆日歩が高額になる場合もありますが、今回のような少額で済めば、3000円分の株主優待券は魅力的です。

クロスでの取得でなくても、優待目的に100株を永久保有する人も多いと思いますし、それもありですね。

店舗もたくさんあるので利用にも困らないですし、外出のついでに食べれば、外食費も節約できます。

株主優待制度を利用してお得な食事や、節約に努めていきたいですね。

株式の取引はクリック証券を使っています。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加