ドライヤーの替え時は?パナソニックの「EH-NE5B-A」購入レビュー

電化製品

ある日、ドライヤーから変な音がする・・・ということで5年ほど使っていたドライヤーを買い替えました。

これまで使っていたのもパナソニックのドライヤーだったので、メーカーは迷わずパナソニックでいいかと決めたのですが、色々なラインナップがあるので迷いました。

ということで、買い替えに至った経緯や、実際に購入したパナソニックのヘアドライヤー「EH-NE5B-A」についてレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

ドライヤーを買い替えた経緯

異音がする

いつものようにドライヤーを使っていると気がついたのが“異音”

普通のゴーっという風音に加えて、ちょっと高めのシャーという音が混じっていることに気がつきました。

なんというかモーターがから回っているかのような音でした。

そろそろこのドライヤーも寿命なのかな~?まだ使えるのかな~?と思いつつ、ドライヤーの買い替え時について調べてみました。

ドライヤーの製品寿命は4~5年

家族構成や1日あたりの使用時間にもよるのですが、一般的にはドライヤーの製品寿命は4~5年と言われています。

我が家は2人とも髪が短いので1日あたりの使用時間は短い方ですが、使っていたドライヤーを見ると2014年製の文字があり、丸5年は使っていることになるのでこれは寿命かもと思いました。

でも多少の異音がするだけだし、買い替えなくてもいいか・・・?とも考えました。

ドライヤーは突然死ぬ

買い替えを決断した理由は、“ドライヤーは壊れるときは突然死ぬ”というレビューを見たからです。

異音がしてるな~と思っていたら突然動かなくなったというもので、ドライヤー(というより、中のモーター)はそういう風に寿命を迎えることが多いようです。

そうすると、

  • 丸5年も使ったのでいつ寿命が来てもおかしくない
  • 毎日使うものなので、突然動かなくなったら困る
  • 動かなくなったらすぐに買いたいので、割高になってしまう可能性がある

ということで、ドライヤーを買い替えることにしました。

 

特に最後の点が重要で、クーポンやポイント還元を利用できるときに購入するのと、とにかく急いで家電量販店で購入するのとでは、かなり価格が変わってきます。

まだ壊れてはいないけれど、壊れる前に割安に買っておこうかなと思い、買い替えることにしました。

スポンサーリンク

パナソニックのヘアドライヤー「EH-NE5B-A」購入レビュー

これまで使っていたのはパナソニック ナノケア

5年前のことをもう覚えていないのですが、これまで使っていたのはパナソニック ナノケアという一番高いシリーズでした。

パナソニックのドライヤーを大きく分けると3種類あり、

  • ナノケア:1.5万~2.5万円
  • イオニティ:2,000~5,000円
  • ターボドライ:1,000~1,500円

という価格帯になっています。

 

ナノケアは最上位機種ですが、Amazonの売れ筋ランキングを見ても売れているようなので、皆さん高いドライヤーを使っているんだな~と思いました。

これまでナノケアを使ってきましたが、色んなモード(スカルプとか)があっても使っていなかったので、あまり恩恵を感じませんでした。

買い替え候補はイオニティ

ということで、比較してみたい気持ちもあり、ナノケアよりも安いというのもあり、イオニティシリーズのものを購入してみることにしました。

そして実はイオニティシリーズにもいつか種類があります。

ややこしいな~と思ったのですが、Amazonに分かりやすくまとめられていました。

 

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ 青調 EH-NE5B-AのAmazonページより引用

中価格帯のイオニティですが、その中でも機能と価格が微妙に異なる製品ラインナップになっています。

上の表では、左へ行くほど高機能・高価格であり、右へ行くほど低機能・低価格となっています。

この中から風量を重視して「EH-NE5B-A」を選びました

1.9平方メートル/分と言われてもピンと来ませんでしたが、僕も妻もショートカットなので、強い風量でさっさと乾かしたいと思ったのでこれにしました。

 

Amazonでは3,700円(送料無料)でしたが、auユーザー御用達wowmaのコジマでは、

  • 4,000円(送料無料)
  • クーポンで1,000円引き
  • 3,000円支払いにポイント25%(750pt)還元
  • 実質2,250円

という感じで購入できました。

やはり、クーポンとポイント還元があるときに購入しておく方が、割安に買い物できますね~。

「EH-NE5B-A」購入レビュー

さっそく翌日に届いたイオニティ「EH-NE5B-A」です。

このパッケージを見ても、とにかくポイントは大風量であることが分かりますね。

 

裏面も大風量推しです。

パナソニックは今はタイ製なんですね。

イオニティは中価格帯のラインナップだからかもしれませんが、パッケージも安っぽくてパナソニック感はありませんでした。

中身もシンプル機能で実際に低価格ですし、それはそれで良いと思います。

 

開けてみるとこんな感じ。

ほとんど読む人はいないと思いますが、説明書も入っています。

 

裏面が保証書になっており、1年間は保証があるので、念のため保管しておくことをお忘れなく。

5年前のナノケアと比較しての感想

まず見た目で分かることですが、小さくて軽いです。

これ意外に重要に感じる人もいるかもしれません。

ドライヤーを長い時間かける場合や、子供が使う場合には、あまりに大きくて重いと大変ですから、小型で軽量なものが良い方もいると思います。

「EH-NE5B-A」は475gで、イオニティシリーズの中では中くらいの重さですが、ナノケアシリーズ(550g前後)よりは軽いです。

 

そして最大のウリである風量ですが・・・まさかの強すぎ!

ターボ時に1.9なのですが、これはあまりにも風が強くて台風が来たみたいな感じなので、ターボにしないで使っています(本末転倒か)。

正直に言って1.9の風量はいらなかったので、1.6のEH-NE4AやEH-NE3Aで十分だったかも?と思っています。

 

それでも5年前のナノケアより早く乾きますし、ドライヤーは単機能で十分だと思いましたし、わざわざ高いナノケアシリーズを買わなくてもイオニティで良かったかなと思いました。

ロングヘアーの方はまた違うのかもしれませんが、ショートの妻もこれで十分という感想でした。

スポンサーリンク

まとめ|単機能のイオニティで十分だけど、風は強すぎ!

パナソニックのヘアドライヤーで、高価格帯のナノケアから、中価格帯のイオニティへ買い替えてみました。

ショートの方はイオニティで十分なのではないかと思います。

ナノケアは2万円前後するので購入に勇気がいりますが、イオニティは3千円前後で気軽に買えちゃいますからね~。

 

イオニティの中でも「EH-NE5B-A」を購入しましたが、最大のウリである風量はまさかの強すぎだったので、ここまで(1.9平方メートル/秒)の風量はいらないかもと思いました。

めちゃ強の風量を体験したい方はぜひ「EH-NE5B-A」をどうぞ。

電化製品
スポンサーリンク
オススメの記事
コレ買ったブログ