映画「聖の青春」感想:東出昌大の羽生善治モノマネが見所【ネタバレ】

auのビデオパスの先行配信で観ました。

聖の青春はかなり昔に原作を読んでいて、ついに映画化されたのかーと思って観てみました。松山ケンイチが役作りのために増量していて役者魂を見せました。

ということで、「聖の青春」の感想です。

スポンサーリンク

映画「聖の青春」の超簡単まとめ

あらすじ

実在した将棋棋士の村山聖を題材とした話です。幼い頃から腎臓の病気になりながらも、プロ棋士となり、羽生世代のひとりとして、まさに命をかけて将棋を指しました。

本作は村山聖が7段になり師匠を超えたあたりから、膀胱がんにより29歳で亡くなるまでを描いています。

体調が悪く、将来を悲観しながらも、負けず嫌いで将棋に打ち込む姿が終始続きます。その中でも特に、羽生善治には強烈にライバル視しながらも、お互いを尊敬しあう仲となります。最後の対局も羽生善治とでしたが、村山聖が詰ませて勝ちだとなったところで、痛恨のミスにより負けてしまいます。

療養のため将棋を休戦し、故郷の広島に戻るも、そのまま亡くなってしいます。最後は将棋の手を諳んじながら亡くなりました。

森義隆 監督

本作の監督を務めたのは、森義隆です。過去には漫画原作の「宇宙兄弟」の映画化にあたっても監督を務めました。原作を殺さずに、無難にまとめあげるという印象があります。

キャスト

主役の村山聖役は松山ケンイチです。役作りのために30kg近い増量を行ったということで、コロコロに太った松山ケンイチが見られます。CMなどもやっているのに大変ですね。たぶん撮影後はすぐに元に戻したのだと思いますが、役者魂です。

ライバルの羽生善治役は東出昌大です。顔が似ていることと、羽生さんの対局中の動きをよく真似ていることで、かなりモノマネちっくになっています。上手いととるか笑ってしまうととるか難しいところです・・・。

脇役も結構固めていて、師匠の森信雄にはリリー・フランキー、母トミ子には竹下景子、弟弟子の江川には染谷将太、プロ棋士仲間に安田顕や榎本時生です。このあたりの人たちはさすがに上手いですね。

映画「聖の青春」の面白さ・見所

小説版より分かりやすく

映画版は将棋をあまり知らなくても楽しめるように、分かりやすくなっているのだと思います。

簡単に言ってしまえば、「病気をおしてでも何かに打ち込み、ライバルと戦う、最後は若くして亡くなってしまったけれど、みんなの心の中に生き続けている」という王道ストーリーなので、将棋という要素は1つの手段でしかありません。

そのため、あまり将棋の中身に踏み込まずに、村山ー羽生のライバル関係を描いたのが映画版だと思います。

もし、ある程度は将棋のルールを知っていて、指したこともあるという場合には、原作の小説を読んだほうが楽しめると思います。

羽生善治を演じる東出昌大

逆にこちらは羽生さんを知っていないと楽しめないのですが、東出昌大の顔と演技がかなり似ていて面白いです。対局中、口元に手をやるところとか、虚空に視線を映して考えるところとか、羽生さんを知っていると、あるあるネタで楽しめると思います。

まとめ

原作を知っていると、あまり楽しめない映画の1つかもしれません。

原作ではもっと、師弟愛とか、まわりの仲間とかが見えてくるのですが、映画版は上記のように分かりやすさ優先だったようです。時間も限られているので仕方ないですし、これはこれでアリだとは思います。

▼auの方はビデオパスがオススメ



動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

将棋好きなら小説版がオススメ!

文庫は2種類出ているようです。下から確認してお安い方にすれば良いと思います。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加