お酒に弱い人だってビールを飲みたい!『のどごしオールライト』のススメ

のどごしオールライト

お酒に超弱いけれど、ビールを飲みたい!という人もいると思います。

私もお酒にものすごく弱いので、外では全く飲みませんが、家ではビールを飲みたいときがあります。

お酒に弱いと、お酒が嫌いというふうに思われることも多いですが、アルコールに弱くてダメなだけで、お酒自体は好きという人だっているのです。

夏場の暑さや、冬の鍋のときなど、やっぱりスッキリとしたビールが最高です!でも普通のビールはアルコールが強すぎて飲めないのです。

そんなジレンマを抱えていたところ、低アルコールビールなるものを見つけました。『のどごしオールライト』です。

ビールは好きだけど、アルコールに弱い!という人のために、アルコール度数3%の『のどごしオールライト』をご紹介します。

スポンサーリンク

キリン『のどごしオールライト』をすすめる3つの理由

アルコールに弱いけどビールを飲みたい!という方は、『のどごしオールライト』を試してみる価値ありです。それは以下の理由です。

アルコール度数3%で軽快だけど、スッキリ爽やかビールテイスト!

アサヒのスーパードライや、キリンの一番搾りといったメジャーなビールが、アルコール度数5%なのに比べて、キリンの『のどごしオールライト』はアルコール度数が3%です。

アルコールへの耐性は人それぞれなので一概には言えませんが、アルコール度数3%の『のどごしオールライト』なら、ごくごく飲めます。

私は普通のビールは、数口飲めばもう気持ち悪くなってしまって飲めません。しかし、『のどごしオールライト』なら、気持ち悪くなったり頭が痛くなったりすることはありません。

しかも、それでいてちゃんとビールテイストで、スッキリ爽やかです。脂っこい食事のときによく合います。

「ふだん飲むのに、ちょうどいい」が商品コピーとなっていますが、本当にその通りだと思います。

糖質ゼロ、プリン体ゼロ、カロリーオフ!

お酒というと健康への影響も気になるところ。

糖質もプリン体もゼロなので体に低負担です。お酒に含まれる糖質やプリン体は大したことがないので気にしないでもよいという情報もありますが、あるよりは無い方が嬉しいですよね。

カロリーは100mlあたり21kcalです。350ml缶ですと、70kcalくらいですね。ご飯茶碗1杯分が235kcalと言われていますので、その3分の1くらいです。

『のどごしオールライト』を350ml飲むときは、いつもよりご飯を3分の1減らす(=3分の2にする)とすれば良いということです。

安い!

アコレ(イオン系ディスカウトスーパー)で1本が税込105円です。6本パックだと税込621円です。

Amazonでは24本パックで2,667円=111円/本です。配送してくれることを考えるとAmazonでも十分安いですね!

これまで飲んでいたビール

のどごしオールライトを見つける前は、海外のビールをよく飲んでいました。

日本の物より少しアルコール度数が低く、味わいもサッパリしています。なかでもコリアンダーやオレンジピールの入ったヴェデット・エクストラ ホワイトが好きでした。他にはシンハービールなど東南アジア系のビールも好きです。

<ヴェデット・エクストラ ホワイト>

<シンハービール>

しかし、こやつらは、とにかく高いんですよね。

1本300円とか400円近くしたりします。経済的にはちょっと辛い値段です。

そこに100円の救世主として現れたのが『のどごしオールライト』です。

まとめ

お酒が弱いけどビールを飲みたい!という人におすすめの『のどごしオールライト』をご紹介しました。

低アルコール、美味い、安いということで、お酒が弱いけどビールを飲みたい!という人にはぴったりだと思います。

日本のビールがあまり好きではなく、東南アジアの軽快なビールや、コリアンダーやオレンジピール入りの海外ビールを飲んでいたような人にもおすすめです。

[参考記事:ノンアルコールビールを飲み比べてみました]

ノンアルコールビールはどれが美味しいか?お酒を飲めない私の感想
我が家は夫婦そろってお酒はほとんど飲めません。それでもビールの味は好きで、料理によってはビールが飲みたいときがあり、低アルコ...
スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加