ニチエー『ホエイプロテインWPC』が不味いので対策してみた

ニチエー プロテイン WPC

マイプロテインで購入したプロテインが無くなったので、新しく購入することにしました。

マイプロテインの商品には非常に満足しているのですが、今回は送料無料となる量を購入できない事情があったため、wowma!!で安いプロテインを見つけてこちらを購入することにしました。

ニチエーの『ホエイプロテインWPC』です。

マイプロテインのモカ味が水に溶かすだけで激ウマだったので忘れていたのですが、プレーンのプロテインってめちゃくちゃ不味いですね!

いつも通り水に溶かして飲んでみて悶絶しました。

ということで、ニチエーの『ホエイプロテインWPC』を何とか美味しく飲める対策・アレンジはないものかと試してみたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ニチエー『ホエイプロテインWPC』購入レビュー

安いプロテインを求めてたどり着いた

そもそもなぜ、ニチエーの『ホエイプロテインWPC』を購入したかを最初に説明しておこうと思います。

マイプロテインでは8,500円以上を購入しないと送料無料にならないのですが、そのためには、「プロテイン5kg×2袋」や「プロテイン5g×1袋+他サプリメント」くらいを購入する必要があります。

今回はそんなに大量に購入できない事情があり、プロテイン2~3kgぐらいで十分だったのです。

そこでwowma!!で探してみると、かなり安いプロテインを見つけました。

ホエイプロテイン WPC 3kg 《プレーン味》です。

Amazonの売れ筋である明治SAVASは1kgで4,000円弱と高額ですが、マイプロテインなら1kgあたり1,500円くらいです。

今回購入したニチエーのホエイプロテインWPCは、3kgで6,102円(送料無料)であり、1kgあたりでは約2,000円となります。

しかも、wowma!!のランククーポン1,500円分を利用したので、実際には3kgで4,602円(1,534円/kg)でした。

さらにポイント還元が19%くらいあったことを考慮すると・・・

実質1,150円/kgくらいという驚愕のコスパです。もはやマイプロテインより安いです。

恐るべし、ニチエーとwowma!!の組み合わせ。

ホエイプロテインWPCとは

プロテインにも色々と種類があります。

今回購入したホエイプロテインWPCについてご紹介します。

ホエイ

「ホエイ」とは牛乳由来のプロテインであることを指します。吸収が早いので筋トレ直後のプロテイン補給に向いています。

他には「ソイ」プロテインというものもあるのですが、これは大豆由来のプロテインです。吸収がゆっくりめなので寝る前のプロテイン補給に向いています。

WPC

ホエイプロテインは精製法の違いによって、WPCとWPIに分けられます。

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)とは、タンパク質含有量80%で、ラクトース(乳糖)が多く含まれています。ラクトースの影響によって消化吸収しきれず下痢になる可能性があるため、牛乳ですぐに下痢になってしまう方には向いていません。その代わり安価です。

WPI(ホエイプロテインアイソレート)とは、タンパク質含有量90%で、ラクトースがほとんど含まれていません。そのため牛乳ですぐに下痢になってしまう方でも摂取することができます。その代わり高価です。

プレーン

ニチエーの『ホエイプロテインWPC』は、無香料・無着色・無甘味料・無保存料です。

まさにプレーンなのですが、「甘味料や香料などで味付けされたプロテインを利用している方には飲みにくいと感じられます」と注意書きもあります。

Amazonのレビューを見る感じでは、皆さん普通に飲めているそうですが、私にはかなり厳しかったです・・・。

飲んでみた感想

めっちゃ不味い

まず本題の味なのですが、めっちゃ不味いです。水に溶かしただけで飲むのはかなりきつかったです。

Amazonレビューを見ると結構好評なのですが、マイプロテインのモカ味の激ウマさに慣れた私には無理でした・・・。

添加物として大豆由来のレシチンが入っているのですが、どうもこれの香りがダメな気がしています。調整豆乳は飲めるのですが、無調整豆乳はちょっと苦手という方は、このプロテインは私と同じように無理だと思います。

溶けやすい&泡立たない

逆にこのプロテインですごいなと思ったのは、溶けやすさと泡立たないことです。

プロテインシェイカーで振って溶かしたのですが、マイプロテインよりも明らかに溶けやすく、泡立ちません。

「泡立ちを押さえる加工は行っておりません」と書いてあるのですが、そもそも全く泡立ちません。

味的には飲みにくいですが、溶けやすくて泡立たないので物理的には飲みやすいです。

スプーンが小さい

ニチエー プロテイン WPC

マイプロテインの場合は、1回分=スプーン1杯となっています。

ニチエーのプロテインの場合は、1回20g程度と記載されていますが、スプーン1杯は8~9gとなっています。

割り切れないんですが。

1回分=スプーン2杯半よりちょっと少なめです。

これ、なんでわざわざ中途半端な大きさのスプーンなんでしょうか?意味が分かりません。せめてスプーン2杯になるようにすれば良いのに・・・。

ニチエー『ホエイプロテインWPC』が不味いので対策!

水に溶かすだけでは不味くて飲めなかったので、色々と対策を試してみました。

こうやって美味しく飲めるアレンジを探すのもちょっと楽しいかもしれません。

対策①:フレーバー

ニチエー プロテイン メロンフレーバー

おまけで付いてきたフレーバーです。メロン味を選択しました。

メロン味のプロテインだと思ってこれだけを水に溶かして飲んだら激ウマでした。

水にプロテインとフレーバーメロン味を入れて溶かして飲んでみました。

プロテインの嫌な香りが消え、普通に飲むことができました!

しかし、そもそもフレーバーは2~3回分の量しかないので恒久対策にはなりません。

対策②:牛乳

水ではなく、牛乳に溶かしてみました。

プロテインの嫌な香りが感じられ、これも無理でした。

対策③:コーヒー+低脂肪乳

マイプロテインのモカ味が忘れられず、コーヒーと低脂肪乳に溶かしてみました。

プロテインの嫌な香りがかなり減少し、これは何とか飲めました!

コーヒーとプロテインの相性はなかなか良いと再認識しました。

対策④:MILO+低脂肪乳

ニチエー プロテイン WPC

ある日ドラッグストアでふと目に止まったMILOです。

ミロとか懐かしいな~と思って手に取って気付きました。これでプロテインが美味しくなるのでは?!

さっそく買ってきて、低脂肪乳にミロとプロテインを混ぜてみました。

粉が多くなったので溶けにくいかな?と思ったのですが、全然余裕で溶けました。

そして、プロテインの嫌な香りが消え、美味しく飲むことができました!

ミロすごい!

プロテイン ミロ MILO

しかもミロを混ぜることによって、カルシウムや鉄分、ビタミン類まで摂取できるという一石二鳥さ。

低脂肪乳+プロテイン+ミロってもはや完全食なのでは?!

難点はカロリー過多なことですね・・・。

対策⑤:水+マイプロテイン

マイプロテインのホエイプロテインはかなり甘いものが多く、これならニチエーのホエイプロテインを混ぜても分からないんじゃないか?!と思いつきました。

水300mlほどにマイプロテインスプーンを1杯、ニチエーのホエイプロテインをスプーン1杯入れて飲んでみました。

うん、全く分からない。マイプロテインの甘い味しかしない。これなら飲める!

コスパもこれがいちばんですね。

▼混ぜてみたプロテインはチョコレートスムース味です。こちらでご紹介しています。

マイプロテインのゾロ目フラッシュセール!40%割引で買い物してみた
マイプロテインは頻繁にセールを行っていますが、割引率は30~35%くらいが多いです。 狙い目のセールの1つがゾロ目フラッシュセ...

まとめ

マイプロテインを超えるコスパを叩き出した、ニチエーの『ホエイプロテインWPC』を購入してみました。

ホエイプロテイン WPC 3kg 《プレーン味》

マイプロテインのモカ味の激ウマさに慣れた私には、ニチエーのプレーンは水に溶かすだけでは飲めないほど不味く、色々と対策してみました。

その結果、MILO+低脂肪乳という、味的にも栄養的にも満足できる対策を見つけました。

ということで、最近は毎日MILO+低脂肪乳で飲んでいます。

ただし、水に溶かすだけのマイプロテインのモカ味と比べると、カロリー過多ということと、プロテイン以外のコストがかかることが難点ですね。

次回、大量に買える状況であれば、マイプロテインのモカ味をリピート購入したいなあと思いました。

▼マイプロテインについてはコチラ

筋トレ初心者がマイプロテインで購入すべき3点セット
健康のためにジムで筋トレを始めました。 そうなると気になるのがサプリメント。プロテインです。 スポーツ選手のような筋肉の...
スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事