万能!耐熱ガラス皿『iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿』購入レビュー

iwaki 耐熱ガラス グラタン皿

冬に食べたい料理の1つとしてグラタンがあります。

材料を耐熱ガラス皿に入れてオーブンに入れれば良いだけという、実は簡単なのに難しそうに見える料理だと思います。

グラタンを作るにあたって必要となるのが何と言ってもグラタン皿。耐熱ガラス皿です。

グラタン皿の売れ筋ランキングではiwakiの耐熱ガラス皿が人気のようです。

そこで、『iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿 340ml』を買ってみました。

グラタンはもちろん、熱いもの冷たいもの何でもござれの万能性、しかも安い!とあって人気なのも頷ける商品だと思います。

それでは、詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿

2017年2月現在、グラタン皿の売れ筋ランキングにあるように、iwakiの耐熱ガラス皿は2種類がランキング入りしています。

370mlのものと340mlのものです。

どちらも1人分のグラタンを作る皿のサイズです。

どちらにしようか迷ったのですが、私は340mlの方にしました。

グラタン皿370ml

売れ筋ランキング1位なので、こちらの方が売れているようです。

こちらの方が見た目としては、いかにもグラタン皿!という感じがします。また、350ml前後の大きさはグラタンとしては小さめ(女性や子供ならこれでOK)だと思いますので、370mlと少し大きめサイズなのは、グラタンに使うには良いと思います。

逆の見方をすると、グラタンにしか使えなさそうと思いました。グラタンをそんなに頻繁に作ることはないので、私は340mlの方を買うことにしました。

グラタン皿340ml

売れ筋ランキング3位なので、1位ほどではないにしろ、こちらも人気の皿のようです。

370mlの方とは半端に、グラタン皿という感じはしません。また少し小さめなので、グラタンはまだしも、ドリアなどを作るとなると容量が足りないと思います。

一方で、グラタン以外にも万能に使えるところが気に入っています。

370mlの方より安いのも良いですね。

iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿 340mlをオススメする3つの理由

iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿 340mlを購入してしばらく使ってみましたが、非常にオススメのグラタン皿だと思うようになりました。

その3つの理由について説明します。

使い勝手が良い!

1人分のグラタンを簡単に作れます。耐熱ガラスなので、グラタン皿に材料を入れてそのままオーブンで焼けばOK!簡単です。

1人分にしては少し小さめだと思います。女性や子供には最適サイズだと思います。そのため、ご飯+グラタンとも言える、ドリアを作るには小さいので、ドリアを作りたい人には、もう少し大きなサイズをオススメします。

そして、グラタンだけではなく、色々と使えるのがこのガラス皿の良いところです。私は以下のように何でも使っています。

  • 残り物(後からレンジで温めるもの)を入れておく。
  • ブロッコリーの茹でたもの、サラダ全般。
  • プレーンヨーグルトを入れてジャムやハチミツをかける。

熱くても冷たくても大丈夫なのが、このガラス皿の良いところです。汁気や油があるものはレンジで熱くしすぎると心配になりますが、耐熱ガラス皿なら心配不要です。

とにかく便利!

iwaki 耐熱ガラス グラタン皿

重ねられるので場所を取りません。

汚れも付きにくいので洗うのも簡単です。

グラタンの焦げも、しばらくお湯につけておけば簡単に取れます。

安い!

この使い勝手の良さと便利さで、1つ350円。安いです。

370mlのグラタン皿は少しお値段があがって431円になります。それと比べても100円近く安いのが340mlのグラタン皿の魅力でしょう。

まとめ

iwaki ベーシックシリーズ グラタン皿 340ml おすすめです。

ベーシックシリーズというだけあって、非常に使いやすくて安いという、とってもお得なお皿だと思います。Amazonで売れている理由も分かります。

今後も活躍し続けてくれることでしょう!

割れるような気配はありませんが、もし割れても、350円でまた買えるので安心です。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加