漫画「宇宙兄弟」30巻の感想:弟思いの兄貴たち【ネタバレ】

宇宙兄弟30巻

キラキラ具合が半端ない30巻の写真になりました。表紙はエディ&ブライアン兄弟(の子供時代)です。

宇宙兄弟の30巻が2017年1月23日に発売されていたことをスルーしており、4月になってから慌てて買いました。なんで忘れてたんだ・・・っ!

▼前巻の29巻のあらすじ・感想はこちら

漫画「宇宙兄弟」29巻の感想:兄という共通点【ネタバレ】
宇宙兄弟の29巻が発売されたので、さっそく購入して読みました!宇宙兄弟はまずアニメで観てハマリまして、アニメの後を漫画で買っ...

30巻も相変わらず、ワクワクする展開です。

ということで、宇宙兄弟30巻のあらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

宇宙兄弟30巻の内容・あらすじ

ムッタとエディはどうなる?!そして話は日々人のロシアストーリーとなります。

#278 続きをやろうぜ

前巻の29巻の終わりでは、ムッタとエディをアクシデントが襲いました。エディは宇宙服を破損し、気を失ってしまいました。

そこからの30巻スタートです。エディの反応がないことを心配したムッタは、ブギー(ロボット)に連絡をとります。状況を掴んだブギーとムッタは、ブギーの少ない電力とムッタの少ないジェットアームを上手く使って、なんとか谷から脱出します。

エディは気を失った中で、子供の頃、ブライアンと過ごした時を夢見ています。

#279 エディ&ブライアン

エディとブライアンは子供部屋で月に降り立ち地球を眺める宇宙飛行士ごっこをしていました。

目覚めたエディはムッタに助けられたことを知ります。

ムッタに感謝しつつ、エディは、ブライアンが月に残した人形の前に寄り道します。横に自分の人形を並べ、子供の頃に夢見ていた兄弟で月面に立つことを、時を超え、人形で実現します。

#280 空白の時間に

そして、交信をオフにして、子供の頃にブライアンと話していたセリフをひとりでつぶやくのでした。それは過去にブライアンも同じ場所で同じ行動をしていたようです。

実はムッタも、日々人の足跡を辿っていました。日々人の足跡の横にムッタも足跡を付け、記念としました。

無事に月面基地にたどり着いたエディとムッタを、他のメンバーが迎えます。

#281 語らずともそこにいてくれればいい

地球と基地との通信が回復し、エディとムッタのアクシデントも地球に伝わりました。

なんとか切り抜けた2人のことを、地球側の責任者であるハガードも賞賛します。彼らはよくやった。語らずともそこにいてくれればいいと。

そして舞台はロシア、日々人へと移ります!

#282 久しぶりムッちゃん

日々人がイヴァンと会い、腕相撲を始めるシーンからスタートします。

そこから過去回想に入ります。つまり、日々人がロシアで宇宙飛行士を目指す物語です。

NASAを去ることをムッタへメールした後に日々人が向かったのはロシア。NASA施設の隣にあるプロフィで宇宙飛行士を目指しながら暮らすことになったのでした。

宇宙飛行士室長のオレグ・ボルシュマンに言われた言葉は、「君は客でも家族でもないからだ」でした。その真意をはかりかねる日々人・・・。

#283 嫌な一言

プロフィでも、宇宙飛行士の講義でも、食堂でも、どこか気まずい雰囲気です。

イヴァンが1通だけメールを送ることを許され、日々人に対して、「キノコと名乗ったからにはカゴに入れ。」というメールを送ります。

なんとなく真意を感じ取った日々人でした。

#284 決別

プロフィの隣にはNASAコテージがあります。

スーパーでNASAの同期にばったり出くわした日々人は、NASAコテージに呼ばれます。待遇の違いを感じつつ、懐かしさを感じつつも、イヴァンの言葉通り、NASAとの決別と、ロシアでやっていく決心をしたのでした。

#285 告白

恐怖の回転イスというロシア独自の訓練で、日々人のスゴさにまわりが気づき始めます。

そして日々人もロシア人たちと交流を持つようになります。中でも、プロフィで隣の部屋となったマクシムと仲良くなり、過去のPD(パニック障害)についても話します。

その告白にマクシムも日々人を見直し、仲間として迎えます。

#286 ロシアの温度

遠心加速器で8Gをかけるというロシア独自の訓練その2です。これも初回でクリアーした日々人に対して、教官やボルシュマン室長も驚きます。

日々人はロシア人の距離感・温度感が分かってきたようで、だんだんと仲良くなり、宇宙飛行士の一員として認められていきます。

ロシアから月に行くメンバーのキャプテンとしてイヴァンが選ばれ、日々人もバックアップクルー候補の8人に残ります。

そこで#282の日々人とイヴァンの腕相撲シーンへと戻ります。

宇宙兄弟30巻の感想

ムッタとエディ、つまり2組の宇宙兄弟の兄については、一区切りついた感じです。ムッタの危機管理能力の高さが光りましたね~。

そしてしばらく放置されていたヒビトのストーリーが動きました。明るくて誰とでも上手くやりそうなヒビトですが、最初の頃はぎこちない感じでした。それでもやはりというか、ロシア人との接し方が分かってきて仲良くなりました。コミュニケーション能力高すぎです。

こうなってくると、ヒビトとイヴァンの娘・オリガの関係も気になりますね!

それは次回の31巻には出てくるでしょうか。期待。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加