東急から株主優待品が到着!東急グループの切符や優待券など【2016年版】

東急株主優待2016年

東京急行電鉄(東急)から株主優待品が届きました。

東急グループで使える、切符や優待券や割引券など色々とあります。

東急といえば東京の西側~横浜など、ちょっとセレブな路線を持っている鉄道会社であり、駅に付属する不動産事業も営んでいます。

東京~神奈川に住んでいる人にとっては魅力の高い株主優待だと思います。

9月末基準の株主優待で、11月中旬に優待品が届きました。

スポンサーリンク

東京急行電鉄(9005)の2016年9月の株主優待について

株主優待制度の内容

グループ優待券が1冊貰えるほか、保有株式数により、電車・東急バス全線きっぷが貰えます。

<グループ優待券>

  • 東急百貨店割引券 10%割引×10枚
  • 東急ストア割引券 50円割引×40枚
  • 東急ホテル ズ割引券 30%割引×8枚
  • 東急病院人間ドッグ割引券 10%割引×1枚
  • Bunkamuraザ・ミュージアム/五島美術館招待券×4枚

<電車・東急バス全線きっぷ>

  • 1,000株以上  5枚
  • 3,000株以上  10枚
  • 5,000株以上  20枚
  • 10,000株以上  40枚
  • 19,000株以上 80枚

1,000株以上が利回りとしては最も効率的となります。

私も1,000株保有で優待を獲得しました。狙いは、以下の2つです。

  • Bunkamuraザ・ミュージアム/五島美術館招待券×4枚
  • 電車・東急バス全線きっぷ×5枚

Bunkamuraザ・ミュージアム/五島美術館招待券

渋谷にあるBunkamuraザ・ミュージアムまたは、世田谷区上野毛にある五島美術館を利用することができます。割引ではなく招待券なのでお金は一切かかりません。

株主以外でも使えますので、2人で2回行くことができます。

美術館は行ってみたら楽しいのですが、入場料が結構高かったりして躊躇することも多いと思います。この招待券があれば、期間中に行ってみようと気軽に思えるのが良いところです。

ちなみに、Bunkamuraザ・ミュージアムや五島美術館の入場料は一般で1,200円ですので、1,200円×4枚=4,800円程度の価値があります。

Bunkamuraザ・ミュージアムの展示会に行ってみた

こちらの記事にまとめています。

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム『これぞ暁斎!世界が認めたその画力』に行ってきた感想
東急の株主優待でもらったBunkamuraザ・ミュージアムの招待券を使って、『これぞ暁斎!世界が認めたその画力』の展示会に行ってきま...

電車・東急バス全線きっぷ

その名の通り、東急の電車とバス全線に乗ることができます。

東急内であれば、どこからどこまで乗っても1枚です。

例えば、渋谷から横浜へ行くには410円かかりますが、これ1枚を使えばOKです。2人で往復した場合、410円×2人×2(往復)=1,640円も節約できます。

これなら、横浜の中華街でランチ!ということも気軽にできます。

中華街に行ってみた

こちらの記事にまとめています。

横浜・中華街に1泊2日で旅行してきた!【ゴールデンウィーク】
2017年のゴールデンウィークは、近場ですが、東京都内から横浜・中華街へ旅行に行ってきました。日帰りでも十分楽しめる距離です...

権利日の逆日歩

2016年9月30日分の逆日歩は1,000株あたり750円でした。直近では最も高くなりました。しかし、上記で見たように美術館の招待券および全線きっぷを使いこなせば、十分に元が取れると言えます。

まとめ:東京急行電鉄の株主優待おすすめ度

東京~神奈川に在住の方には、おすすめします。次回(半年後)も取得したいと思います。

逆日歩はつく傾向ですが、大型株ということもあり元が取れないような高値になることはほぼありません。クロスでの優待取得がお得だと思います。

一方で、優待品を死蔵してしまうともったいないので、期限切れに注意して使い切りたいですね。お出かけの選択肢の1つになる(しかもお金はあまりかからない)ので、楽しみが増えます。

株式の取引はクリック証券を使っています。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加