「なぜ人間には宗教が必要なのか」ひろさちや著の感想:宗教についての入門書【ネタバレ】

「なぜ人間には宗教が必要なのか」ひろさちや著

私たち日本人はとにかく宗教に疎いです。

初詣で神社に行ったり、葬式などでお坊さんを呼んだり、キリスト教的なイベントをやってみたり、かと言って神道も仏教もキリスト教もほとんどよく知りません。また、「宗教」と聞くとアレルギー反応のように、胡散臭いもの・怖いものという印象を抱きます。

一方で世界的には、宗教が身近にあり、宗教を学び実践している人達も多いです。ISISなどの過激組織いよるテロや、それとの戦いに動く世界情勢などを理解するには「宗教」自体を理解することが必要に思えます。

ということで、何か入門的で教科書的な本で勉強してみたいな~と軽い気持ちで手に取った本です。

スポンサーリンク

「なぜ人間には宗教が必要なのか」という本の目的

著者のひろさちや氏は、宗教評論家で一般向けの解説書を多数出版しています。自身は仏教徒であり、浄土宗の人間であるそうです。

その著者が、宗教音痴な日本人のために、

  • 本物の宗教とこういうものだ
  • これが宗教の本当の教えである

といった基礎知識を提供しようとして、本書をつくったとのことです。

副題「今、日本人に一番役に立つ宗教教科書」について

副題には「教科書」とあります。

本書には多くの図が出てきます。神と人間の関係性や、人間と人間の関係性を表すために、矢印などを用いた図の解説です。これらは確かに「教科書」的で、簡単で分かりやすいように工夫されていると思いました。

一方で、「教科書」としては不要と思われるような、著者自身の個人的な思いが込められている部分も散見されました。特にキリスト教を過剰に貶めるような記載が多いです。反対に自身の信じる仏教や、イスラム教には擁護的な記載が多いです。

著者自身が仏教徒であることからそれは仕方ない(宗教とはそういう側面もある)と理解しながら読むことが必要だと思います。

本書をオススメしたい人

教科書と言えるかどうかは怪しいですが、入門書とは言えると思います。以下に挙げる人にはオススメできると思いますので、ご一読されてはいかがでしょうか。

  • 各種の宗教の超基礎を知りたい
  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通点と相違点を知りたい
  • 神と仏、または、キリスト教と仏教の相違点を知りたい
  • 宗教を背景にした世界情勢について考えられるようになりたい

「なぜ人間には宗教が必要なのか」の主な内容

第1章 イスラム教では、なぜブタを食べてはいけないのか?

この問を通して、イスラム教をはじめとした一神教の教徒と、日本人たちとの違いを明らかにします。

日本人は結局のところ、「まわりの人達がそうだから」という横の関係です。私たちが金魚を食べないのは、まわりの人達がそうだから、です。

一方で一神教の人達は、「神がそう決めたから」という縦の関係です。ブタを食べないのは、コーランに書いてあるから、です。もっと言えば、神が決めたことに対しては「なぜ」と問うことすらあり得ないということになります。

第2章 キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、同じ神なのに、どこが違うのか?

まず、同じ神なのという所から疑問に思う人もいるのではないでしょうか。私もそうでした。

歴史的な流れとしては、まずユダヤ教が興ります。当時エジプトの奴隷だった人達の中で、人間と契約して奴隷になるのではなく、神と契約して生きるのだ!という人達が現れました。経典である旧約聖書とは(後から出てくる新約聖書と比較して)、旧い(古い)契約の聖書という意味です。厳格に神との契約を守り、それによって神が導いてくれるという考えです。

その後、キリスト教が興ります。イエス・キリストが神の子として、神の言葉を説くわけですが、ユダヤ教と比べると、そんなに厳格に契約を守らなくていいよ~という感じなのだそうです。旧約聖書と比べて、新しい契約の聖書という意味で新約聖書です。

最後に、キリスト教が結構ゆるゆるだったので、それではダメだ!厳格な方に戻らなければならないということでイスラム教が興ります。

超ざっくり言うとこのような流れなのです。

第3章 キリスト教とイスラム教、どちらが侵略的か?

この章は、読んでみるとまあ確かに一理あるとは思いますが、著者の個人的な思いが結構強いです。

キリスト教で有名な言葉で、「右の頬を打たれたら、左の頬をも差し出しなさい」というものがあります。また、「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」とも言います。

一方で、歴史的にみれば、そんな言葉はどこへやら。十字軍遠征で敵を殺したり、近年でもイラク戦争を起こしたりしています。キリスト教は経典と実際の行動が伴っていないと指摘しています。

第4章 「神の愛」と「仏の慈悲」は、どう違うか?

神は無条件で人(神と契約している信者)を愛します。人は、神が愛しておられる人(隣人)を愛するということになります。

一方で仏教では愛は否定されます。愛とは本質的に自己愛であり、自分の都合で他人を愛し、都合が悪くなると、憎しみに転化してしまうからです。愛は否定し、慈悲を説きます。慈悲とは、ともに呻くことであり、相手と一体となって悲しむことなのだそうです。

神の愛は自分と他人が分離しているのに対して、仏教の慈悲は自分の中に相手もいると考えます。このあたりはキリスト教と仏教の大きな違いに思えました。

第5章 神と仏はどう違うか?

イエス・キリストが「神の子」であるのに対して、釈迦は「宇宙の仏」であるとされています。そういえば仏教の曼荼羅も宇宙観を表したりしていますよね。

そしてキリスト教と仏教(大乗仏教)が相通ずるところがあります。神のメッセージを携えて人間界にやってきたのが神の子イエスです。宇宙のメッセージを携えて人間界にやってきたのが分身仏のお釈迦様なのです。

第6章 神道、儒教は宗教か?

神道とは不思議な宗教で、特定の開祖もいなければ、経典のようなものもありません。それでは何かというと、神々とのつきあい方だと言っています。

神道は一神教ではなく、八百万の神で、そこらじゅうに神様がいます。それらの神様と正しく付き合う、作法やしきたりといったようなものが神道であるようです。

実例として、生きていると穢れる(=気が枯れる、エネルギーがなくなってくる)ので、祭りによってエネルギーを充電するということです。地方では今でも様々な祭りがありますが、そういう意味だったのかとひざを打つ思いでした。

第7章 死者をどう祀ったらよいのか?

キリスト教でいう「救い」とは、死んだ後に天国へ行けるということです。

一方で、仏教では、死後の世界にいて、「考えるな、捨て置け」と説きます。

ここまで読むとなんだか、キリスト教はひたすら理想を追いかけ実態がともなっていないようで、仏教は徹底的に実用的なように思えてきました。

この章で印象的だったのは、「本来の仏教は、葬式を行わなかった」ということです。上記のように、死後については「考えるな、捨て置け」であり、仏教は俗世間のことには関わらない(=ひたすら修行する)ためです。

それが江戸時代のキリシタン弾圧による寺請制度によって、仏教(寺院)が葬式を担うようになっていったとのこと。歴史と絡んだ話で面白かったです。

第8章 宗教はなぜ必要なのか?

本のタイトルにもなっている疑問ですが、一言でいえば、幸せになるためというのが回答のようです。

著者は、

  • 動物+宗教=人間
  • 人間-宗教=動物

と言っています。ちょっと言い過ぎな気がしますが・・・。でもこれが何かの宗教を信じている人の正しい気持ちなのかもしれません。

仏教でいえば、分からないものは分からない、人間の自分勝手な物差しで図っても仕方ない、思うがままにならない、といったことが悟りです。

こういう悟りによって過剰に落ち込んだり、現実を受け入れられない状態にならず、いついかなるときも穏やかに幸せに生きていくことができるということなのかもしれません。

個人的な感想

はじめの方にも書きましたが、教科書かと言われるとちょっと首を傾げますが、入門書としては良いものだと思います。

「へ~こういう違いが」とか、「へ~こういうことになっているのか」とか、宗教の基礎的な知識について学べるという点で面白いかったです。

私は特定の宗教を信じている訳ではないですが、世界中にいるなんとか教を信じている人はこう考えているのか、と知ることは意味があると思います。文章も平易で図も豊富で分かりやすかったです。気になる方はぜひこちらから↓

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事