『マルガージェラート野々市店』で世界一のジェラートを食べてみた!

マルガージェラート 野々市店

暑い日が続いている中、マルガージェラート野々市店に行ってきました。

情熱大陸で取り上げられていた世界一のジェラート職人である柴野大造さんのお店です。

どんなメニューがあって、実際に食べてみてどうだったのか、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マルガージェラート 野々市店

アクセス

マルガージェラートは、柴野大造さんの地元である能登に本店がありますが、野々市にもお店があります。

金沢市内からは車で20分ほどです。

そろばん教室の横という立地で、店の前には20台ほどの駐車場があります。

私が行ったときにはちょうど空いていて駐車できましたが、帰る頃には満車になっていて、駐車場に入れずに待っている車もいました。

すんなり駐車場に入れるかは運次第ですが、ジェラートという商売柄、回転も早いので待っていればすぐに停められると思います。

ジェラート イタリア大会 優勝

マルガージェラート 野々市店

お店の前には「優勝」のぼりがありました。

柴野大造さんのジェラートは、2017年のジェラートワールドツアー2017世界大会決勝にて、総合4位・一般投票1位となり、同年のイタリアで行われたジェラート祭りで初優勝となりました。

前者だけでもすごいのですが、後者の方で優勝したことで、優勝のぼりが飾られているのだと思います。

優勝を勝ち取った「リンゴ・パインアップル・セロリ」

セロリはイタリア人が生臭いと苦手にする野菜であるようで、それをあえてジェラートに組み込み、リンゴとパインアップルと合わせて絶妙なハーモニーを生み出したことが高く評価されての優勝でした。

もちろん、マルガージェラート野々市店で、この優勝ジェラートを食べられます!

情熱大陸 出演

これらのことを知ったのは、テレビで「情熱大陸」を見たからでした。

ジェラートの新しいレシピを考えていると数時間経っていて寝るのも忘れるほどと言っていた職人っぷりが印象的でした。

情熱大陸WEBサイトはこちら

世界一のジェラートを食べてみた感想

メニューと値段

まずは基本的なメニューを説明します。

ジェラートのメニューと値段はこんな感じです。

  • ジェラート
    • シングル 340円
    • ダブル  440円
    • トリプル 500円
  • カップ or コーンを選べます(値段は同じ)
  • フレーバーによってはプラス料金(+100円)があります

お客さんの注文を聞いていた感じでは、ダブルのコーンがいちばん多いと思います。

しかし、石川のしかも野々市にあるためか、安い・・・というか安すぎる!

これ東京だったらダブルで700~800円くらいは余裕で取れると思います。

次にジェラート自体(フレーバー)です。

これは季節限定のものや、新作のものが出てくるので一概には言えません。

私が行ったときにあったのは、

  • リンゴ・パインアップル・セロリ(世界一!)
  • ピスタチオ
  • マスカルポーネ
  • ビターチョコ
  • 4種の果実のソルベ(フランソワーズ・スイカ・ザクロ・イチゴ)
  • 能登の塩
  • チョコラータ
  • 抹茶

などでした。全部で15種類くらいはあると思います。

柴野大造さんのTwitterを見ておくと新メニューが紹介されるかも?!

リンゴ・パインアップル・セロリとマスカルポーネ

マルガージェラート 野々市店 パインりんごセロリ マスカルポーネ

世界一に輝いた「リンゴ・パインアップル・セロリ」と「マスカルポーネ」です。

「リンゴ・パインアップル・セロリ」は、最初食べた時にはフルーツの印象しかなく、あれ?全然セロリ感が無いじゃんと思うのですが、ジェラートが口の中で溶けるとふわっとセロリが出てきます。

その爽やかな衝撃が革命的です。セロリ好きは絶対に一度試してみるべきです。

ただし、「リンゴ・パインアップル・セロリ」だけをシングルで食べ続けたいとは思いませんでした。アクセントに食べたいジェラートですね。

もう1つの「マスカルポーネ」は、これもクセが強く、チーズ感がすごいです。チーズ好きな妻は大喜びしていました。

クセが強いもの同士をあわせてしまった・・・。

ピスタチオとビターチョコ

マルガージェラート 野々市店 ビターチョコ ピスタチオ

実は私は、ピスタチオのジェラートがめちゃくちゃ好きなんです。

昔にトルコ旅行で初めてピスタチオのジェラートを食べて衝撃的な美味しさに腰を抜かしました。

ということで、マルガージェラートにもあった「ピスタチオ」を迷わず選択!

感想としては、美味しいんだけどちょっと甘いなあと思いました。金沢人は甘党すぎるのでその味覚に合わせているのかも。

もう1つ合わせた「ビターチョコ」が正解でした。「ピスタチオ」が甘いので、甘さ控えめの「ビターチョコ」と交互に食べたり、混ぜて食べたりすると、飽きのこない美味しさです。

それでたまにクセの強い、「リンゴ・パインアップル・セロリ」か「マスカルポーネ」をアクセントに食べると素晴らしいバランスになります。

まとめ

世界一に輝いたジェラートを食べに、マルガージェラート野々市店に行ってきました。

「リンゴ・パインアップル・セロリ」は確かに斬新で革新的なジェラートだと思います。他のジェラートもどれも違った美味しさがあって楽しめます。

せっかく石川にいるのなら味わってみるべきです!

それと、こういう有名人のお店になると本人は不在な場合がほとんどだと思いますが、私が伺ったときにはちゃんと柴野大造さん本人がいらっしゃって、奥で作ったジェラートをカウンターのショーケースに入れていました。

そんなところも好印象でした。このお店は本当にオススメ。

猛暑の夏となりそうなので、冷たいジェラート食べに、マルガージェラートへ行ってみたはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事