セーターやニットの毛玉取り!『テスコム 毛玉取り器 KD778-H』購入レビュー

テスコム 毛玉取り器 グレー KD778-H

恥ずかしながら、この歳になるまで毛玉取り器というものを知りませんでした。

冬に向けての衣替えをしていると、妻から「毛玉取り器 買ってよ」と言われても全くピンときませんでした。

とりあえずAmazonを覗いて、ベストセラー1位の↓商品をポチッと。

目からウロコとはこの事でした。

簡単!便利!セーターやニットがみるみる綺麗になり、新品のようです。

世の中にはこんな便利なモノがあったんですねえ、ということでご紹介します。

スポンサーリンク

テスコム 毛玉取り器 KD778-Hのご紹介

毛玉取り器の選び方

毛玉取り器には、電源の取り方で3種類あります。

  • 充電式
  • 電池式
  • ACアダプタ式

私はACアダプタ式を買いました。

充電式や電池式は、どこでもすぐに使えるというメリットがある反面、充電・電池替えをしなければならないデメリットがあります。

ACアダプタ式は、コンセントに繋げる必要があるため使える場所が限られるというデメリットがある反面、コンセントに繋げれば使えてパワーが常に落ちないというメリットがあります。

毛玉取り器は、繰り返し何度も使うというより、衣替えの時など限られた場面でしか使わないと思ったので、ACアダプタ式にしました。

ACアダプタも2mくらいあるので、場所に困るということもありません。

風合いガードと調整ダイヤル

テスコム 毛玉取り器 グレー KD778-H

テスコム 毛玉取り器 KD778-Hには、風合いガードと調節ダイヤルがあります。毛玉取りの対象に合わせて調整することで、生地を傷めずにしっかりと毛玉をカットすることができます。

パッケージに書かれている目安は以下でした。

  • 高:極太の毛糸のセーター、ザックリとした手編み風のセーター
  • 中:並太の毛糸のセーター、毛足があまり長くないセーター
  • 低:薄手のセーター、サマーセーター、毛足の短いセーター
  • 風合いガードを外す:くつ下、ジャージ、トレーナー

さっそく使ってみた

正直、びっくりしました。めちゃくちゃ綺麗に取れますね。

並太の毛糸のセーターの例は以下の通りです。

○Before:毛玉があります

毛玉ありセーター

○After:毛玉が綺麗に取れました!

毛玉取りセーター

この毛玉取りを使えばセーターからニット、コートまで、色々なものの毛玉が綺麗に取れました。

毛玉が無くなると新品のように綺麗になります。

今までこんな便利なものを知らなかったなんて・・・と思ったくらいです。

残念なところ

簡単便利な毛玉取りですが、1つだけ残念なところがありました。

それが刈り取った毛玉が入るダストケースです。

ダストケースは本体にはめ込み式になっているのですが、本体からダストケースを外すときに、中から毛玉や繊維片が飛び出てしまいます。

気をつけてゆっくり外したり、ゴミ箱の上で外したりすれば良いのかもしれませんが、普通にやると毛玉や繊維片が飛び出てきてちょっとがっかりします。

ダストケースは結構コンパクトなので、セーター2枚くらいの毛玉取りをすると満タンになるので、頻繁に開けて捨てる必要があるということもあり、この点を改善してもらえると完璧だなと思います。

まとめ

目からウロコな毛玉取り器でした。

Amazonのレビューも高評価なので、私と同じく皆さん大満足のようです。

セーターやニットの毛玉に悩んでいる方がいれば↓チェックしてみてください。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加