日本たばこ産業から株主優待品が到着!選べる自社商品【2016年版】

日本たばこ産業 株主優待 2016年

日本たばこ産業(JT)から株主優待品が届きました。

近年の健康志向の高まりにより、たばこは国内では売れなくなってきていますが、増税時に値段を上げたり、海外のたばこ会社を買収したりして、着実に成長しています。

私もたばこは吸いませんが、JTという会社は魅力的に思っています。

12月末基準の株主優待で、3月上旬に自社商品を選ぶカタログが届いて申し込み、4月下旬に実際の商品が届きました。

スポンサーリンク

日本たばこ産業(2914)の2016年12月の株主優待について

株主優待制度の内容

保有株式数に応じて、カタログから選択して、自社商品が貰えます。

私は200株保有でしたので、2,000円相当の4つの選択肢から1つを選ぶ形式でした。200株の場合の選択肢は以下の通りです。

  • ご飯詰め合わせ
  • ご飯・飲料水詰め合わせ
  • スープ・調味料詰め合わせ
  • 寄付

詳細および、他の株式数の場合については、JTのWebサイトよりご確認ください。

JT株主優待のWebサイト

株主優待の商品について感想

これまではスープ・調味料詰め合わせを貰っていました。

調味料は良いのですが、スープの方がイマイチでした。お湯に溶けにくく、お椀の底にスープの粉が固まって残ってしまうんです。

そこで今回は、スープ・調味料詰め合わせをやめて、ご飯・飲料水詰め合わせにしました。合っても困りませんし、むしろ、震災時などの非常用に良いと思います。電子レンジが使えないとご飯はアレですが・・・。

権利日の逆日歩

2016年12月31日分の逆日歩は100株あたり0円でした。

さすが超大型株だけあって、逆日歩はほとんどつかない傾向にあります。

クロス取引での優待取得がお得な状態になっています。

まとめ:日本たばこ産業の株主優待おすすめ度

オススメします。次回も取得予定です。

逆日歩がつかない傾向にあるので、優待クロスでの取得でOKだと思います。保存が効くものばかりなので、優待品を貰って困ることはありません。

100株でも200株でも利回りは変わらないので、余裕があれば200株で優待を取得した方がよいと思います。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加