東京~金沢・福井のJR乗車券を安くする方法!往復ではなく一周切符を買おう!

JR乗車券 東京 北陸

北陸新幹線が開通したことで、とても行きやすくなったため、金沢などの北陸地方への観光旅行が人気になっています。

そんな、金沢や福井へJRで行くときには、往復切符よりも一周切符にした方が、乗車券がお得になります。

どれくらいお得になるか、そして、どうやってお得な一周切符を買えばいいのか、詳しく解説したいと思います!

スポンサーリンク

往復切符よりも一周切符の方が安い

往復切符の場合

まずは普通の往復切符の場合の乗車券を説明します。

東京~金沢

東京から金沢へ行くときのJR往復の乗車券です。

東京から金沢への乗車券

おとな1名で運賃は14,680円となります。

東京から金沢へは片道601km未満のため往復割引はありません。

東京~福井

東京から福井へ行くときのJR往復の乗車券です。

■金沢経由のルート

東京から福井への乗車券

■名古屋・米原経由のルート

東京から福井への乗車券

2つのルートを確認してみましたが金沢経由のルートの方が乗車券は安いです。

ただし、特急券も考えると、名古屋・米原経由のルートの方が安いです。これは割高な新幹線区間に乗っている距離が金沢経由のルートの方が長いからです。

今回は乗車券のみで比較しますので、東京から福井への往復は、大人1名で運賃は16,840円とします。

東京から福井へは片道601km未満のため往復割引はありません。

一周切符の場合

一周切符というのは耳慣れないと思いますが、要は、同じ駅を通らずに1本道で電車に乗る切符です。連続切符とも言います。

つまり、東京~名古屋~米原~福井~金沢~東京というルートで電車に乗る場合のことです。以下のような金額になります。

東京から福井・金沢への一周乗車券

おとな1名で運賃は12,960円となります。

上記のえきねっとでの購入画面では、利用区間が品川~東京になっていますが、実際に切符を発券するとこうなります。

JR乗車券 東京 北陸

東京都区内から東京都区内の乗車券になります。

そのため、東京駅や品川駅だけでなく、都区内のJR駅であればどこからでも乗れて、どこでも降りられます。

また、「経由」のところでルートが分かります。東京都区内を出発して、名古屋・北陸・金沢を経由し、東京都区内に戻るということになります。

金沢や福井はもちろん、名古屋や米原でも途中下車することは可能です。ただし、後戻りはできません。(一度、福井で降りたあとは、金沢でなら降りれますが、名古屋では降りられません。)

往復切符と一周切符の違い(乗車券)

ということで、おとな1名の乗車券についての価格は以下の通りです。

  • 東京~金沢往復:14,680円(一周切符よりもプラス1,720円)
  • 東京~福井往復:16,840円(一周切符よりもプラス3,880円)
  • 東京~福井~金沢~東京の一周:12,960円(いちばん安い!)

往復切符よりも一周切符の方が、1,720円~3,880円もお得になります。

往復切符と一周切符の違い(乗車券+特急券)

ちなみに特急券まで含めて考えると以下の通りです。(自由席の場合)

  • 東京~金沢往復:27,200円(一周切符よりもプラス2,040円)
  • 東京~米原~福井往復:27,760円(一周切符よりもプラス2,600円)
  • 東京~金沢~福井往復:30,000円(一周切符よりもプラス4,840円)
  • 東京~福井~金沢~東京の一周:25,160円(いちばん安い!)

往復切符よりも一周切符の方が、2,040円~4,840円もお得になります。

一周切符の買い方

もちろん、みどりの窓口で係員に注文すれば購入可能です。

東京を出発して、名古屋・米原・福井・金沢を経由して東京に帰る切符にして欲しいといえばOKです。

福井往復で~とか、金沢往復で~と注文した場合は自動的に往復切符にするため、一周切符にしますか?などと聞いてくれることはありません。

しかし、みどりの窓口は結構混んでいることもあり、ネットでの予約がオススメです。JR東日本の予約サイトである「えきねっと」で説明します。

えきねっとで一周切符を買う方法

無料の会員登録が必要ですので事前に登録・ログインしてください。

一周切符の場合はまず乗車券のみ予約・購入し、追加で特急券(指定席)を予約・購入する必要であります。

以下は「乗車券」の買い方だけの説明となります。別途、「指定席」から新幹線や特急の切符もお買い求めください。

この画面で「乗車券」をクリックします。

えきねっと切符予約

次にきっぷの条件を設定します。

乗車日・人数を設定し、種類は「片道」にします。

えきねっと切符予約

ポイントは、利用区間のところです。東京駅~東京駅とするとエラーになりますので、品川駅~東京駅といったように東京都区内の別々の駅にします。

そして経路の指定のところで、一周になる経路を指定します。ここでは、米原、福井、金沢と記入することで一周にしています。

上記で決定すると、経路を選択する画面になりますので、選択します。

ここでは1番を選択していますが、3番目でも4番目でも実質的には同じです。

えきねっと切符予約

これで一周切符を予約・購入することができます。

東京から福井・金沢への一周乗車券

えきねっとで買った切符を発券する

えきねっとで予約・購入した切符は、みどりの窓口や指定席券売機で発券できます。

みどりの窓口に取りに行くくらいなら最初からみどりの窓口で買えばいいのです。ほとんど並ばなくて良いのは指定席券売機です。

えきねっとで予約・購入時に利用したクレジットカードを指定席券売機に入れるだけで切符を発券できますので簡単です。

まとめ

あまり知られていない一周切符で、往復切符よりもお得に、東京から福井や金沢へ行けます。

目的地のみの往復切符で最短で旅をするのも良いですが、少しくらい時間が増えようとも、お得な一周切符も良いと思います。金沢だけでなく福井や米原、名古屋でも途中下車できるので、のんびりと旅することもできます。

駅弁を食べつつ、北陸への旅をしてこようと思います。

みなさんもぜひ良い旅を!

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加