初めて自作パソコンをつくってみた!【2016年、予算10万円コース】@パーツ編

自作パソコンのパーツ

5年前に4万円でドスパラで買ったパソコンを使っていました。WEBサイトを見るだけなら十分なのですが、色々やろうとすると重くなるので、いい加減買い換えるかーと思い立ちました。

はじめはBTOネットショップで買おうと思ったのですが、やはりパーツを買い集めて自作する方が安いため、初めて自作パソコンを作ってみることにしました。手間やリスクと比較して安いのかは人それぞれですが、単純な価格だけで見ればやっぱり安いです。

今回、初めて自作パソコンに挑戦してみましたが、何の問題も起こらずに完成させることができました。パソコンパーツの知識も少し付きましたし、組み立ては大変ですがプラモデルを作るかのような楽しみもありました。

スポンサーリンク

自作パソコンとBTOネットショップの価格比較

パーツ選びについては後述しますが、結論として、どんなパーツでいくらになったのかをまず書きたいと思います。価格は購入時点なので多少は変動すると思います。ポイント還元が20%あるauショッピングモールを中心にしつつ、比較して価格が安いものはソフマップとAmazonでも購入しました。

ソフマップで安い場合もあるので要チェック!

今回購入したパーツ一覧

パーツ購入したもの価格(税込)購入元ポイント還元
CPUcore i7-6700k38,980円auSM7,796pt
CPUクーラーSCKTT-1000 虎徹3,699円auSM740pt
マザーボードH170 Performance11,173円ソフマップ0
メモリDDR4-2133 16GB×213,480円Amazon0
SSD1CT250MX200SSD1 250GB8,850円auSM1,770pt
SSD2SDSSDA-480G-J26C 480GB12,938円auSM2,588pt
電源SSR-450RMS 450W 80PLUS GOLD11,102円auSM2,220pt
ケースP1009,450円auSM1,890pt
光学ドライブGH24NSD1 BL BLH1,790円ソフマップ0
OSwindows 10 Home 64bit12,270円auSM2,454pt
合計123,732円19,458pt

合計すると、123,732円でポイント還元が19,458ptですので、実質的には10,4274円となります。

例えばこれをBTOネットショップのレインで組んでみると、133,464円(税込)となりました。こちらも現時点ですので多少は変動すると思います。

比較すると現金で1万円、ポイント還元を含めた実質価格で3万円ほど、お得になりました!

初めての自作パソコン!まずはパーツ選び

それでは、パーツ選びの詳細についてです。

どんなパソコンにするか

パソコンを自作するにあたり各パーツのスペックを考える必要があります。それはそのパソコンでどのような作業をしたいかによります。私の場合、以下を考えました。

  • Linux(開発用)をサクサク動かしたい ※これが直接の買い替え衝動です。
  • デュアルディスプレイで動画もサクサク動かしたい(ディスプレイはそのまま流用)
  • イラレやフォトショをサクサク動かしたい
  • ゲームはしない
  • パーツの買い足しは考えない(またやるのは面倒なので一気にやり終えたい)
  • 予算は10万円くらい

そして参考にしたのがパソコン自作に関する2chスレです。自分と似たような作業想定・予算の人が最終的にとったパーツの組み合わせを調べて真似をするのが一番ラクだと思います。

パーツを決めていく

CPU

スペック的には、core i5-6500やcore i7-6700で十分だったと思います。私の場合、数千円で悩むのも嫌だったので現状の普及型CPUの最上位であるcore i7-6700kにしてしまいました。

CPUクーラー

core i7 6700kには虎徹を組み合わせる人が多いようなので、細かい違いは分からないので虎徹にしました。

マザーボード

CPUに合うものを選びます。色々と種類があるのですが、それらの違いは初心者には難しいので比較的評判が良さそうだったASRockのH170 Performanceにしました。

core i7 6700kはZシリーズのマザーボードを推薦する人もいましたが、その場合はメモリも含めてオーバークロック仕様で利用するようです。私の場合、保証外かつ特別な設定をしてオーバークロックをしようとは思わなかったので、Hシリーズのマザーボードにしました。

メモリ

マザーボードに合うメモリを選びます。H170 PerformanceであればDDR4が対応します。また、上記のようにオーバークロック仕様にするつもりはなかったのでPC4-17000です。

容量については通常は8GB×2個くらいで十分のようです。最近は16GBもかなり安くなったこともあり、イラレやフォトショでメモリを食う作業も想定していることもあり。16GB×2個にしました。マザーボードのメモリスロットは4つなので、もし足りなければ後から買い足そうと思います。メモリは増設が一番簡単なので後から追加してもOKです。

SSD

これまでずっとHDDだったのですが、そもそも動画や音楽を保存しないし、ゲームもしないので容量は少なくてOKです。ということで思い切ってSSDオンリーにしました。具体的にはシステム用(Cドライブ)SSDにCrucialのMX250GB、データ用(Dドライブ)SSDにSanDiskの480GBにしました。

電源

ゲームはしないのでGPUは付けないので少なめの電源でOKです。今回はSeasonic SSR-450RMS 450Wにしました。電源の効率の良さをGold、Silver、Bronzeで表すようですが、今回は良い物にしようということでGoldシリーズにしました。

ケース

高負荷な作業は滅多にやらないので冷却性よりも静音性を重視して、Antec P100にしました。

その他細かいもの

光学ドライブは何でも良かったので売れ筋のLGエレクトロニクスのGH24NSD1 BL BLHにしました。

また、ディスプレイとのケーブルであるHDMIケーブルと、マザーボードの配線用のオウルテック 6Gbps対応シリアルATAケーブルを買いました。マザーボードの付属品にケーブルが書いてあるのでそれを確認する必要があります。今回はマザーボードに2本付いてきますが、3本必要(DVDドライブ、SSD×2個)だったので1本買い足しました。

OSはほとんど選択肢がありません。windows10にしました。

組み立て編に続きます。

こうしてパーツを選び、購入し、家に届きました。ついに初めての組み立てです。

初めて自作パソコンをつくってみた!【2016年、予算10万円コース】@組み立て編
いよいよ初めてのパソコン自作をしていきます。各マニュアルやWEBサイトの情報、Youtubeなんかも駆使して組み立て、何とか...

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加