夜にクーラーを付けっぱなしなのに喉が乾燥しない方法

エアコン

すっかり夏になりまして、クーラーが手放せない時期になりました。

夜も蒸し暑いのでクーラーを付けて寝ていますが、クーラーを付けっぱなしで寝ると喉がカラカラに乾いて、枯れたり、痛くなったりしませんか?

私もそういう状態だったので、クーラーにはタイマーを設定していました。

暑くて目が冷めたら、またクーラーを付けてタイマーを設定して寝ていました。

しかし、このクーラーの使い方はイマイチ良くないそうです。

どこが良くないのか、そしてどうすれば良いのか、改善点をご紹介します。

スポンサーリンク

クーラーは付けっぱなし推奨

夜寝るときはクーラーは付けっぱなしが良いそうです。

いくつか理由があるので順に説明していきます。

熱中症対策

寝ている間、夜中でも汗をかくため、熱中症が心配されています。

クーラーをつけていれば温度・湿度が下がり、汗をかく必要もないため、熱中症になりにくくなります。

そして実は、寝るときにクーラーをつけて、タイマーを設定するという方法は、絶対にダメ!なのです。

なぜかと言うと、クーラーをつけてぐっすり眠り込み、その後にタイマーが切れて熱中症になっていっても、そのまま寝てしまっている場合があるからです。

寝ている間に熱中症になってしまうので、なおさら危険という訳です。

睡眠不足対策

クーラーを付けてタイマーを設定して寝ると、クーラーが切れると暑くて目が冷めてしまいます。

これでは寝不足になってしまいます。

逆に暑くても起きないと、上記のように熱中症が心配されます。

いずれにせよ、クーラーを付けてタイマーを設定し、夜中にクーラーが切れてしまうというのは良くないのです。

電気代対策

クーラーは付けたときから部屋が冷えるまでに最も電力を使います。

つまり、クーラーを付けたり切ったり、付けたり切ったりを繰り返すと電気代が大きくかかることになります。

クーラーは付けっぱなしにすることで、部屋が一定温度に保たれ、電気代も安く済みます。

クーラーを付けっぱなしにするときのカラカラ対策

クーラーは夜中は付けっぱなしが良いといっても、そうすると、喉がカラカラになり、枯れたり痛くなったりします。

これには簡単な対策があります。

濡れタオルを枕元に干す

クーラーで乾燥しすぎるのが原因であるので、逆に、加湿してあげれば良いのです。

加湿する簡単な方法は、濡れタオルを枕元に干すことです。

こんな簡単なことで?!加湿器が必要では?!

と思うかもしれませんが、濡れタオルを試してみて下さい。

私はこれで、朝起きても全然喉が痛くならなくなりました。

タオルの大きさは、バスタオル~スポーツタオルくらいで、水に濡らして軽く絞った程度にします。

この濡れタオルを枕元に干せばOKです。

朝にはタオルがカラカラに乾いていますが、逆に、喉は痛くなりません

それでもダメなら『のどぬ~るぬれマスク』が最強!

濡れタオル程度ではダメだ!という方にオススメなのは、「のどぬ~るぬれマスク」です。

これは、濡れフィルターというものがマスクに仕込まれていて、寝ている間にスチーム効果で喉にうるおいを与えてくれる商品です。

風邪を引いたときや、クーラーを付けっぱなしにする夜などに、非常に強力な味方となってくれます。

まとめ

寝苦しい夜が続く夏には、

  • クーラーは付けっぱなしにする!
  • 喉を守るよう加湿するには、濡れタオルを枕元に干すのが簡単!
  • それでもダメなら「のどぬ~るぬれマスク」が最強!

というお話でした。

夏でもぐっすり寝て毎日頑張るために、お試しください!

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加