エアコン暖房だけは寒い!安物サーキュレーター購入レビュー。

サーキュレーター

朝晩がめっきり寒くなりました。

我が家の暖房機器といえば、賃貸マンションに備え付けのちょっと古そうなエアコンだけです。

エアコンの暖房だけでは少し寒いため、プラスアルファの暖房器具が欲しいと思い、色々と検討した結果、サーキュレーターを試してみることにしました。しかも安い(2000円以下!)もの。

アイリスオーヤマのサーキュレーター PCF-HD15N-W(8畳用)を購入したのでご紹介します。

スポンサーリンク

暖房器具の種類まとめ

エアコンに加えて買う暖房器具の候補としては、以下が挙げられます。私の場合、まずは安物のサーキュレーターを試してみようという結論になりました。現状これで大満足しています。

対流式(エアコン、ファンヒーター)

対流式とは暖かい空気を送り出して、部屋を暖房するタイプです。

エアコンがこれにあたります。ただし、エアコンは部屋の上部に付いている場合が多く、暖かい空気が部屋の天井付近だけに溜まってしまい、足元が寒いということになりがちです。

他には、ガスファンヒーターや石油ファンヒーターがあります。

石油ファンヒーターは実家の頃は使っていましたが、灯油を備蓄しなければならないため、賃貸マンションで使うのは現実的ではありません。

ガスファンヒーターはガスを供給できるガスコックが必要です。実は我が家にはそれが存在しているので、これを使ってみようかなと検討しました。

しかし、光熱費が結構な値段がかかることが分かりました(月3000円~4000円くらいのようです)。エアコンの方が光熱費的には優秀です。

輻射式(ストーブ、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター)

輻射式とは暖房器具自体が発熱して周囲を暖めるものです。部屋全体というより、特定の場所だけを暖めることになります。

石油ストーブがこれにあたります。これも実家では使っていましたが、灯油を使うため賃貸マンションではなかなか使えません。

手軽なものに、ハロゲンヒーターや最近ではカーボンヒーターがあります。電気を使って近赤外線を発生させて暖めます。電子レンジみたいなものですね。

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターの電気代は、1時間あたり5~10円くらいのようです。1日8時間使って30日ですと、月1200円~2400円くらいと、これも結構かかります。

しかも暖まる場所はそのヒーターの真ん前だけなので、2人暮らしだと設置場所が難しく、これも微妙に使えないなあと思いました。

伝導式(ホットカーペット、こたつ)

伝導式とは、暖房器具の発熱体で人間を直接暖めるものです。直接温めることから効率が良く電気代も安い傾向がありますが、部屋全体が暖まるものではありません。

ホットカーペットやこたつがこれにあたります。

こたつは日本の冬の定番で優秀ですが、一定の場所をとることが難点ですね。我が家もこたつを追加で置けるスペースはないので選択肢に入りませんでした。

その他

上で書いてきたように、じゃあ結局、エアコンに加えて買ったら良い暖房器具が無いじゃん!という事態になりました。

そこで更に考えました。

対流式の代表格であるエアコンは、部屋の上部に暖かい空気が溜まるので足元が寒いのです。ということは部屋の空気をかき混ぜて均一にしてやれば、足元まで暖かいということになります。

冷房に加えてサーキュレーターや扇風機を使うというのはかなり一般的になってきましたが、実は暖房の場合でも、加えてサーキュレーターを使うことは効果があるということが分かりました。

サーキュレーターなら夏でも使えますし、場所もとりません。1台使ってみても良いと思えました。

アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-HD15N-W購入レビュー

ということで、アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-HD15N-W(8畳用)を買いました!しかも2000円以下と安い!

サーキュレーターの使い方(エアコンと併用)

アイリスオーヤマ サーキュレーター

さっそく届いたアイリスオーヤマのサーキュレーターですが、外装箱に使い方が書いてあります。夏も冬もエアコンと併用して使えること、しかも省エネであることが謳われています。

暖房を使用するときには、エアコンに向かって風を飛ばして、天井付近に溜まる暖かい空気を撹拌して、足元まで暖かい空気を下ろすようにすれば良いです。

サーキュレーターの使い方(単独)

アイリスオーヤマ サーキュレーター

他にも便利な使い方が載っていました。

といっても、循環と二部屋循環は、エアコン併用と同じ考えです、

その他に、外に向かって風を送ることで「換気」ができたり、洗濯物にあてて「乾燥」したりできます。

便利ですねえ。

サーキュレーター(PCF-HD15N-W)の外観

アイリスオーヤマ サーキュレーター

首の角度を45度くらいにしたところです。

首の角度は、下向きに-20度くらい~真上(90度)まで6段階で動かすことができます。エアコンまでの距離とサーキュレーターの首の角度を調整すれば、エアコンに向かって風を飛ばす使い方ができます。

アイリスオーヤマ サーキュレーター

風の強さは3段階になっています。

強、中、静音(=弱)です。我が家ではエアコンのすぐ近くで使っていますので、サーキュレーターは静音で使っています。十分な風が起きますし、一番静かで電気代も安いので、静音(弱)で必要十分だと思います。

サーキュレーター(PCF-HD15N-W)を使ってみた感想

思った以上に暖かいです。

安物だし、空気をかき混ぜているだけだし、と半信半疑だったのですが、エアコンだけの時より確実に暖かいです。

エアコンからの風量をMAXから自動に変え、設定温度も2度くらい下げましたが、それでも暖かいです。

少なくとも現在の(秋の)気温であれば、エアコン+サーキュレーターで十分です。冬場にはどうなるかですね。

まとめ

エアコンだけでは寒いので、エアコンに加えて効果的な暖房器具を探してみたところ、サーキュレーターを購入するに至りました。

このサーキュレーターは、本体が2000円以下で、電気代も1時間で1円かからないと超安いのですが、確かに暖かくなる効果がありました。これは試してみる価値ありです。

↓私が買った首振りなし(固定)タイプです。(固定といっても縦の角度調節はできます。)

↓首振りタイプもあります。部屋が広めだったり、洗濯物の乾燥にも使いたい場合はこちらが良さそうです。

[関連記事] その後、こたつも買ってみました。

【アウトレット】ニトリの『こたつセット』購入レビュー
これまでは、エアコンとサーキュレーターで過ごしていました。ついに、こたつセットに手を出しました。場所を取るので敬遠し...
スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加