映画「カフェ・ソサエティ」感想:ウディ・アレンはいまだ健在!【ネタバレ】

毎年映画を作り続ける巨匠ウディ・アレンの最新作を観てきました。

上の写真の真ん中でカッコつけているのがウディ・アレンです。右側がヒロインのクリステン・スチュワート、左側がもう1人のヒロインのブレイク・ライヴリーです。

ここ最近、個人的には駄作が続いていると思っていたウディ・アレン映画ですが、今作『カフェ・ソサエティ』はかなり良かったです。

何となくテーマが『ラ・ラ・ランド』とかぶっているというクチコミが多いですが、私からすれば、『ラ・ラ・ランド』と『カフェ・ソサエティ』を比べると監督の力量の差がありすぎる!と思います。

さすがウディ・アレンですよ。

スポンサーリンク

映画「カフェ・ソサエティ」の超簡単まとめ

あらすじ

1930年代のハリウッドとニューヨークが舞台です。

ニューヨークに嫌気がさした主人公のボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、ハリウッドの映画業界で成功している叔父のフィル(スティーブ・カレル)のもとで働くことにします。

そこで出会ったヴォニー(クリステン・スチュワート)と恋に落ちますが、実はヴォニーはフィルの不倫相手であり、離婚を決意したフィルの元へと戻っていってしまいます。

ボビーはハリウッドを去り、ニューヨークに戻ります。ナイトクラブの支配人として成功し、結婚をして、子供もでき、幸せな日々を送ります。

数年後、ヴォニーは、ボビーのナイトクラブを訪れて再会を果たします。ボビーとヴォニーは叶わなかった恋に思いを巡らしながらも、現在の幸せの元へと戻っていくのでした。

ウディ・アレン監督

80歳を超える高齢になりましたが、毎年映画を作り続けるウディ・アレン監督です。

やはりどうしても、ウディ・アレンが監督と主演をつとめていた『アニー・ホール』や『マンハッタン』あたりを名作としてあげざるを得ません。

毎年同じようなラブコメの映画ばかり作っているウディ・アレン監督で、ウディ自身が出演していないと何とも寂しい気持ちになります。

直近の作品である『教授のおかしな妄想殺人』や『マジック・イン・ムーンライト』は駄作感がありました。両方で主演を演じたエマ・ストーンを有名にしただけだった気もします。

しかし、今作『カフェ・ソサエティ』は中々に面白い映画に仕上がったと思います。

キャスト

カフェソサエティ

IMDb主人公のボビーを演じたのはジェシー・アイゼンバーグです。何と言っても思い出されるのは『ソーシャルネットワーク』でしょう。あまりもFACEBOOK創業者のザッカーバーグに似ているのでザッカーバーグとあだ名を付けているくらいです。

ジェシー・アイゼンバーグがウディ・アレン監督作品に出るのは『ローマでアモーレ』以来です。本作『カフェ・ソサエティ』では主人公を見事に務め上げています。気弱で映画業界に慣れない青年期から、ナイトクラブで成功した大人な男までを演じています。

ヒロインのヴォニーを演じたのはクリステン・スチュワートです。ジョディ・フォスター主演の『パニックルーム』で子役として注目されました。

その後も映画に出続けていますが、本作でウディ・アレン作品のヒロインに抜擢されたことで、今後の更なる活躍が約束されたことと思います。

本作では、主人公ボビーと叔父フィルの間に揺れながら、夢よりも現実を取るかのようにフィルと結婚する現実主義的な側面を見せたかと思うと、クライマックスではボビーとの恋を夢想するロマンチストな側面を見せ、非常に魅力的な女性を演じています。

もう1人のヒロイン、ボビーの結婚相手ヴェロニカを演じたのはブレイク・ライヴリーです。

それにしてもウディ・アレンは上のように、手すり(冊)に男女が横並びになる構図が好きですねえ。アニー・ホールを思い起こさせます。

さて、ブレイク・ライヴリーと言えば、ゴシップガールです。ゴシップガールのヒットとともにブレイクしました。

本作では、ボビーの結婚相手として良き妻、良き母親を演じています。ボビーの隠し事(=ヴォニー)に少し感づきながらも、ボビーのことを信用しているように思います。

ストーリー的にボビーとヴォニーに焦点があたっており、ヴェロニカの出番が少ないのが残念です。

映画「カフェ・ソサエティ」の面白さ・見所

過去の出来事を後悔も美化もしない

本作は主人公ボビーが、ヴォニーに失恋し、ヴェロニカと結婚するも、ヴォニーが会いに来て昔を思い出すストーリーです。

クライマックスは、ボビーとヴォニーが再会し、昔の恋を語る場面ですが、そこで過去の出来事を後悔も美化もしないのが、とても現実的で美しいと思います。

しかも、無駄に過去のシーンをプレイバックしないところが、『ラ・ラ・ランド』との格の違いです。

ボビー家が無茶苦茶すぎる

本作のB面、コメディ部とも言うべきなのが、ボビー家のストーリーです。

兄はギャングで暴力に明け暮れ、母はヒステリーで、父は何事も否定ばかり。兄は殺人がバレて死刑になってしまいますが、暗さはなく、あくまでコメディとして描かれます。

ウディ・アレン監督のナレーション

ウディ・アレンが出演していないのは寂しい限りなのですが、80歳を超えていることを考えると仕方ありません。

しかし、なんと!本作ではナレーションをつとめています。声を聞けるだけでもウディ・アレン監督ファンとしては嬉しい限りです。

衣装の素晴らしさ

ウディ・アレン監督の愛する1930年代、しかもハリウッドやニューヨークの社交界が舞台です。これに真実味を与えるのが衣装の素晴らしさです。

よくもこんなにも集めたものだと思えるほど、画面全員の衣装がお洒落すぎます。

まとめ

ウディ・アレン監督作品はもはや好きな人は毎年見るが、新規で見る人は皆無。という状況だと思います。

今回の『カフェ・ソサエティ』は、ここ数年で最も良い作品に仕上がっていると思います。

齢80を超えて、尚、映画を作り続ける巨匠ウディ・アレンに敬意を表する気持ちになります。

映画館にまで行って見る必要はないと思いますが、DVDがリリースされた際には、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加