初めてボードゲームを買ってみた。2人用ゲームのバトルラインが超面白い!

2人用ボードゲームのバトルライン

先日、初めてボードゲームを遊ぶのにJelly Jelly Cafe 池袋店に行ってみたのですが、すっかりボードゲームにはまりまして、2人用のゲームのおすすめと言われているバトルラインを購入しました。

2人用のボードゲームを探している方はご購入をおすすめします!

スポンサーリンク

バトルラインの遊び方

2人用のボードゲームのバトルラインについて簡単に解説します!ルールは簡単なのに奥深く面白いのでおすすめです。

ルール

バトルライン最初の状態

バトルラインには、部隊カードと戦術カードがあります。部隊カードはトランプのように数字と色があります。戦術カードはジョーカーのようなワイルドカードや、特殊効果をもたらすカードがあります。

バトルラインは写真のように、2人の間に9つの赤い置物を設置し、その両側に部隊カード山札、戦術カード山札を置きます。そして2人に7枚ずつ部隊カードを配って準備完了です。

その後は、9つの赤い置物のどれかの前に、手札から1枚を選んでカードを置きます。そして部隊カードか戦術カードから1枚ひきます。これを繰り返しながら、赤い置物の9箇所で3枚ポーカーのような戦いを行います。9箇所のうち、5勝する、または隣り合う3勝することでゲーム終了となります。

役には、ポーカーでいう、ストレートフラッシュ、スリーカード、フラッシュ、ストレートなどがあります。ポーカーを知っていれば簡単に覚えられます。

遊んでいる様子

バトルライン勝負の様子

この写真のようにカードを出し合って勝負していきます。勝敗がついたら赤い置物を勝った方の側に移動します。勝敗は例えば、

  • 右から4番目の勝負では、奥側は555のスリーカードです。手前側は緑の321でストレートフラッシュです。よって手前側の勝ちです。
  • 右から2番目の勝負では、奥側が黄色の456でストレートフラッシュです。手前側はオレンジの9のみですが、他の場所でオレンジの8を使っていることからストレートフラッシュを作ることはもうできません。よって奥側の勝ちです。

のようになります。

一発逆転も?戦術カードで更に面白い

戦術カードには、ジョーカーのように何にでも使えるワイルドカードや、特殊な状態を引き起こすカードがあります。

戦術カードは相手の利用枚数+1枚までしか使えないルールがあるので連発はできません。しかし、使い所によっては一発逆転になるようなこともあり、このゲームを更に奥深く、面白いものにしています。

まとめ

Jelly Jelly Cafeで遊んだ、パッチワーク、ジャイプル、ロストシティも面白かったのですが、バトルラインはそれらを超えて面白いです!すっかりはまって1日中遊んでしまいました・・・。2人用ゲームを探している方には是非おすすめしたいです!

[関連記事]
Jelly Jelly Cafe 池袋店に行ってパッチワーク、ジャイプル、ロストシティを遊んだ様子はこちらをご覧ください。

初めてボードゲームカフェに行ってみた@Jelly Jelly Cafe 池袋店
ボードゲームというと、モノポリーをワイワイガヤガヤするのをイメージするのですが、世の中には他にもたくさんのボードゲームがあります。ふ...
スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加