Amazonで本を個人出品して売る!意外に簡単な出品&発送方法をレポート

Amazonで本を売る

読み終えた本がたまっていき、大掃除を思い立って、BOOKOFFに持っていく。10円でも100円でも良いから売れれば(処分できれば)それでいい。

これまではそうしてきました。しかし、今回は思い立ってAmazonで売ってみました!これが意外にも超簡単で即売れてしまいました。BOOKOFFなら高くても100円ぐらいなものが、Amazonでは1000円で売れるんです。

Amazonマーケットプレイスでの出品から、売れた後の梱包・発送まで一連の流れを説明します。

スポンサーリンク

Amazonマーケットプレイス概要

Amazonマーケットプレイスとは?

出品者と購入者がAmazonのプラットフォーム上で売買できる仕組みです。Amazonで出品者アカウントを作れば、新品・中古商品をAmazon上で販売することができます。

例えば、本などでは新品価格の下に、「\○○より□中古の商品」といった形でリンクが貼られています。ここから中古の商品を見ることができます。この場がマーケットプレイスです。

Amazonマーケットプレイス

マーケットプレイスの優れている点は以下の3つだと思います。

  • 抜群の集客力
  • 相場価格がすぐ分かる(=値付けに困らず、安売りもしないで良い)
  • 商品写真が既にあるので、自分で用意する必要がない

このような長所があるため、BOOKOFFに買い叩かれるよりもよっぽど高く売ることができますし、ヤフオクのような煩雑な出品作業もいりません。簡単でお得です。

手数料・配送料など

Amazonマーケットプレイスには、業者向けの大口出品と、個人向けの小口出品があります。最大の違いは、

  • 大口出品は月額4,900円かかるが、1点ごとの基本成約料が不要
  • 小口出品は月額不要だが、1点ごとの基本成約料として100円かかる

つまり、1ヶ月で50点以上は出品しないということであれば小口出品で良いです。普通に読み終えた本を売りたいだけなら小口出品で十分だと思います。

小口出品で1,000円の本を売ることを例として、手数料・配送料を説明します。

  • 購入者は、商品代1,000円と配送料257円の合計1,257円をAmazonに支払います。
  • Amazonは、基本成約料100円、カテゴリー別成約料65円、手数料162円(15%+税)の合計327円を差し引きます
  • 出品者は、1,257-327=930円が貰えます。(銀行振込)

実際には、930円の中から送料を払うことになりますので、手元に残るのは750円ほどになります。なんだかんだとAmazonに引かれてしまうものの、BOOKOFFなどで売るよりはかなり高額ではないでしょうか。

手数料の最新情報は、Amazonヘルプで確認してください。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085246

Amazonマーケットプレイスで実際に売ってみた!レポート

それでは、私が実際にAmazonマーケットプレイスを使って売ってみたレポートです。読み終えた本(ロケットササキ)を売ってみました。

関連記事:ロケットササキ感想

「ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正」の感想
日本の偉大なエンジニア・経営者といえば、本田宗一郎や松下幸之助、井深大、盛田昭夫あたりを思い浮かべますが、佐々木正という方は知りませ...

出品者アカウントをつくる

まずはアカウントが必要です。新規で作成するというよりは、普段買い物に使っているAmazonアカウントを拡張するという感じになります。

どれでも良いのですがAmazonの商品ページに行きます。すると右下の方に、「この商品をお持ちですか?マーケットプレイスに出品する」というボタンがあります。

マーケットプレイス

これをクリックすると、アカウント作成ページにいけます。

ログインが求められるので、普段Amazonで使っているアカウントで再ログインします。

Amazonマーケットプレイスログイン

その後は、登録ページに従って情報入力をしていけばOKです。

小口出品(個人出品)の場合は、氏名・住所などは公開されませんので心配不要です。公開されるのは、表示名(店舗名)という箇所のみですので、ここを公開されてOKなハンドルネーム等に設定しましょう。

また、クレジットカード認証と自動音声による電話確認が必要となります。その後に振込口座を設定して完了です。

商品を出品する!

それでは再度、Amazonの商品ページから、「この商品をお持ちですか?マーケットプレイスに出品する」というボタンをクリックします。

すると販売するにあたって情報を入力することになります。長いですが、記載が必要なのは一部だけですので心配いりません。

Amazonマーケットプレイス出品

コンディションは「中古-良い」にしておけばよいです。「非常に良い」は個人の主観が大きすぎるので、後からネガティブコメントが付けられかねません。

コンディション説明は、他の方のコメントを参考に作成しましょう。私は『帯なし。カバーあり。折れ汚れ書き込み等ありません。迅速に発送致します。』と記載しました。

在庫は、大体は『1』だと思います。

販売価格は好きに設定できます。最低価格と一致させておくのが無難ですが、急ぎで売りたい訳でないなら少し高めに設定しておいても良いです。

他は特に変更・記載する必要はありません。「料金を計算」をクリックして、計算確定後に金額を確かめて「出品」をクリックすれば完了です。

商品が売れた!

出品して2日ほど経ったとき、Amazonからメールが届きました。なんともう売れてしまったのです。(2週間~1ヶ月くらいはかかるかな~なんて思っていました。)

Amazonマーケットプレイス売れたときのメール

売れたらすぐに発送です!

納品書を印刷する

Amazonのseller centralにアクセスして処理します。ここで在庫管理もできますので、出品後はここを覗いて価格調整などをします。

https://sellercentral-japan.amazon.com

seller-central

ログインすると左上の「出荷されていない商品を確認する」をクリックします。

すると売れたのに出荷されていない商品が表示されます。

Amazon seller-central

右側にある「納品書の印刷」をクリックして、PDFを印刷(取得)します。私の場合は、セブンのネットプリントを使って印刷しました。

梱包して発送する

梱包は丁寧なほど良いと思いますが、私の場合は以下のようにしました。予め100均などで、ビニール袋、封筒、セロテープ、のり等を用意しておくと良いです。

  • 商品である本に、納品書を挟む
  • 本をビニール袋に入れてセロテープでとめる(100均で売っている小さなゴミ袋)
  • 本を入れたビニール袋をB5サイズ封筒に入れて封をする
  • 封筒に宛名を貼り付ける

発送は、日本郵便のゆうメールかクリックポストの2択だと思います。送料はできるだけ減らしたいのでクリックポストにするのが最良です。

クリックポストについては別でまとめたいと思います。

追記:クリックポストについてまとめました!

http://kore-katta.com/yumail-clickpost/ ‎

出荷通知を送信する

出荷が終わったら、納品書の印刷を行ったところで、出荷通知を送信します。

Amazon seller-central

「出荷通知を送信」をクリックし、配送方法を選択・記載します。私の場合は、日本郵便のクリックポストにしました。追跡番号(お問い合わせ番号)がある場合にはこれも記載します。ゆうメールだと追跡番号はありませんので空欄でもOKです。

まとめ

Amazonマーケットプレイスで、ロケットササキを売ってみました。1,620円で購入した単行本ですが、1,171円+配送料257円で売れました。Amazonの手数料等を引いて、1,065円が振り込まれます。クリックポストを使った料金で164円と、ネットプリント2枚で40円使いましたので、1,065円-164円-40円で、861円の手残りとなりました。

BOOKOFFで売るよりはかなり高額だと思いますが、手間を考えると高いか安いかは人によりますね。それでもチリツモで10冊売れば結構な金額になりますし、時間のある人はAmazonマーケットプレイスはぜひ活用すべきだと思います。

スポンサーリンク
オススメの記事
オススメの記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加